横浜市ヘッダ 検索へのリンク トップメニューへのリンク リンク無し


○横浜市火災予防条例第4条第1項第1号及び別表第3備考3の規定により消防長が指定するもの

平成12年12月25日

消防局告示第1号

横浜市火災予防条例第4条第1項第1号及び別表第3備考3の規定により消防長が指定するもの

横浜市火災予防条例(昭和48年12月横浜市条例第70号。以下「条例」という。)第4条第1項第1号及び別表第3備考3に規定する消防長が指定するものを次のとおり指定する。

1 条例第4条第1項第1号に規定する消防長が指定する有効に遮熱できるものは、間柱及び下地を不燃材料で造り、かつ、次に定める構造とする。

(1) 鉄網モルタル塗で塗厚さが15ミリメートル以上のもの

(2) 木毛セメント板張又はせっこうボード(強化せっこうボードを含む。以下同じ。)張の上に厚さ10ミリメートル以上モルタル又はしっくいを塗ったもの

(3) 木毛セメント板の上にモルタル又はしっくいを塗り、その上に金属板を張ったもの

(4) モルタル塗の上にタイルを張ったもので、その厚さの合計が25ミリメートル以上のもの

(5) セメント板張又は瓦張の上にモルタルを塗ったもので、その厚さの合計が25ミリメートル以上のもの

(6) 厚さが12ミリメートル以上のせっこうボード張の上に金属板を張ったもの

(7) 厚さが25ミリメートル以上のロックウール保温板張の上に金属板を張ったもの

(8) 厚さが18ミリメートル以上の硬質木片セメント板を張ったもの

(9) 前各号に掲げるもののほか、これらと同等以上の遮熱性能を有するもの

2 条例別表第3備考3に規定する消防長が指定するものは、間柱又は下地を不燃材料以外の材料で造り、かつ、次に定める構造とする。

(1) 土蔵造

(2) 土塗真壁造の裏返塗りをしたもので、それぞれの塗厚さが20ミリメートル以上のもの

(3) 鉄網モルタル塗又は木ずりしっくい塗りで塗厚さが20ミリメートル以上のもの

(4) 木毛セメント板張又はせっこうボード張の上に厚さ15ミリメートル以上モルタル又はしっくいを塗ったもの

(5) 土塗壁で塗厚さが20ミリメートル以上のもの(下見板を張ったものを含む。)

(6) 厚さが12ミリメートル以上の硬質木片セメント板を張ったもの

(7) 厚さが15ミリメートル以上の窯業系サイディング(中空部を有する場合にあっては、厚さが18ミリメートル以上で、かつ、中空部を除く厚さが7ミリメートル以上のもの)を張ったもの

(8) 塗厚さが20ミリメートル以上の鉄網軽量モルタル(モルタル部分に含まれる有機物の量が当該部分の重量の8パーセント以下のものに限る。以下同じ。)

(9) 厚さが35ミリメートル以上の軽量気泡コンクリートパネル

(10) 厚さが12ミリメートル以上の硬質木片セメント板の上に厚さが10ミリメートル以上の鉄網軽量モルタルを塗ったもの

(11) 前項第4号から第7号までのいずれかに該当するもの

(12) 前各号に掲げるもののほか、これらと同等の遮熱性能を有するもの






-2022.06.01作成-2022.06.01内容現在
例規の内容についてのお問合せ先:各担当局課
担当が不明な場合及び例規の情報提供についてのお問合せ先:
総務局総務部法制課TEL 045-671-2093 E-mail housei@city.yokohama.jp
(C) 2022 City of Yokohama. All rights reserved.

横浜市火災予防条例第4条第1項第1号及び別表第3備考3の規定により消防長が指定するもの

平成12年12月25日 消防局告示第1号

(平成31年4月5日施行)

体系情報
第8編 消防、大学、教育委員会、その他/第13類 防/第3章 火災予防その他
沿革情報
平成12年12月25日 消防局告示第1号
平成31年4月5日 消防局告示第3号