横浜市ヘッダ 検索へのリンク トップメニューへのリンク リンク無し


○横浜市消防団ごとの定員を定める規則

平成18年3月15日

規則第22号

横浜市消防団ごとの定員を定める規則をここに公布する。

横浜市消防団ごとの定員を定める規則

消防団名

定員

鶴見消防団

550人

神奈川消防団

430人

西消防団

230人

中消防団

495人

南消防団

395人

港南消防団

285人

保土ケ谷消防団

400人

旭消防団

655人

磯子消防団

370人

金沢消防団

580人

港北消防団

700人

緑消防団

370人

青葉消防団

485人

都筑消防団

440人

戸塚消防団

760人

栄消防団

370人

泉消防団

480人

瀬谷消防団

310人

(平28規則35・旧本則・一部改正、令6規則23・一部改正)

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認める場合は、条例第2条に規定する消防団員の定員の範囲内で、期間を限って、同項の消防団ごとの定員を増減することができる。

(平28規則35・追加)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(平成22年3月規則第17号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

(平成28年3月規則第35号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(令和6年3月規則第23号)

この規則は、令和6年4月1日から施行する。






-2024.04.01作成-2024.04.01内容現在
例規の内容についてのお問合せ先:各担当局課
担当局課が不明な場合及び例規集の利用方法についてのお問合せ先:
総務局総務部法制課TEL 045-671-2093 E-mail so-reiki(at)city.yokohama.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更しております。
メール送信の際は、(at)を@に置き換えてご利用ください。
(C) 2024 City of Yokohama. All rights reserved.

横浜市消防団ごとの定員を定める規則

平成18年3月15日 規則第22号

(令和6年4月1日施行)

体系情報
第8編 消防、大学、教育委員会、その他/第13類 防/第2章
沿革情報
平成18年3月15日 規則第22号
平成22年3月25日 規則第17号
平成28年3月25日 規則第35号
令和6年3月25日 規則第23号