横浜市ヘッダ 検索へのリンク トップメニューへのリンク リンク無し


○横浜市職員表彰規則

昭和25年4月1日

規則第15号

注 平成7年3月から改正経過を注記した。

横浜市職員表彰規則を次のように定める。

横浜市職員表彰規則

第1条 本市職員であって、次のいずれかに該当し、市長において適当と認めたものに対しては、この規則の定めるところによって表彰する。

(1) 一般職に属する常勤の職員として本市に10年、20年又は30年引き続き勤務した者

(2) 市の事務事業について、抜群の努力をなし、又は有益な研究を遂げ、その功労顕著な者

(3) 職務について、重大な事故の発生を未然に防止した者

(4) 天災事変に際して、市民の安全の確保について顕著な功績を挙げた者

(5) 職務の内外を問わず、市職員の名誉を高揚し、信用を増す行為のあった者

(平7規則41・平31規則7・一部改正)

第2条 この規則で職員とは、次に掲げる者以外の者をいう。

(1) 市長及び副市長

(2) 教育委員会の所管に属する学校の教育職員

(3) その他市長の定める者

(平7規則41・平15規則58・平19規則60・一部改正)

第3条 表彰は、表彰状を授与して行う。この場合において、賞品又は賞金を併せて授与することができる。

(平7規則41・一部改正)

第4条 表彰は、市長において必要と認めたときに、随時行うことができる。ただし、第1条第1号の規定による表彰は、原則として、毎年6月に行う。

(平7規則41・全改)

第5条 表彰(第1条第1号の規定による表彰を除く。以下同じ。)を行ったときは、その者の氏名及びその事績等を市報に登載する。

(平7規則41・一部改正)

第6条 表彰は、横浜市職員表彰審査委員会の審査を経て行う。

第7条 表彰を審査するため、横浜市職員表彰審査委員会を置く。

第8条 前条の委員会は、委員長および委員若干名で組織する。

2 委員長は、副市長をもって充て、その他の委員は市職員中から市長が命ずる。

(平15規則58・一部改正)

第9条 委員会に書記若干名を置く。

2 書記は市職員中から市長が命ずる。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和26年5月規則第23号)

この規則は、昭和26年5月3日から施行する。

附 則(昭和29年4月規則第21号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(昭和30年10月規則第58号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年3月規則第41号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成15年4月規則第58号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月規則第60号) 抄

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月規則第7号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。






-2022.10.01作成-2022.10.01内容現在
例規の内容についてのお問合せ先:各担当局課
担当が不明な場合及び例規の情報提供についてのお問合せ先:
総務局総務部法制課TEL 045-671-2093 E-mail housei@city.yokohama.jp
(C) 2022 City of Yokohama. All rights reserved.

横浜市職員表彰規則

昭和25年4月1日 規則第15号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第1編 総則、議会、執行機関/第1類 則/第5章
沿革情報
昭和25年4月1日 規則第15号
昭和26年5月 規則第23号
昭和29年4月 規則第21号
昭和30年10月 規則第58号
平成7年3月31日 規則第41号
平成15年4月1日 規則第58号
平成19年3月30日 規則第60号
平成31年3月5日 規則第7号