「市民の声」の公表


詳細内容

小学生以上の子どもが安心して過ごせる場所を作ってください

受付年月 2023年03月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 子育て > 児童相談・保護 > その他児童相談・保護
対応区分 要望等にお応えできません
一覧のページにもどる

投稿要旨

未就学児は気軽に遊ぶことができる施設がありますが、大人が見守り、小学生から高校生までの子ども達が自由に活動できる施設がありません。

離婚した家庭の親子の面会交流にあたり、小学生以上の子どもが保護者から離れても安心して利用できる施設がないため、専門の有料施設の利用を検討していますが、別居親との調整が難航しています。別居の原因がDVであり、子どもの連れ去りの可能性もあります。

また、面会交流の実施は子どもの権利でありますが、実施がほぼ義務となっていて、精神的負担が大きいです。他の自治体では面会交流に児童館が利用されており、横浜市でもひとり親家庭を支援する方法を検討してほしいです。

回答

離婚した家庭における子と別居親との面会交流は、子の福祉を最優先に考慮したうえで、場所や頻度、交流の内容などを同居親・別居親双方で協議し、合意を得たうえで行われるものであり、本市として面会交流支援のための施設を設置することは、現時点では予定しておりません。

子の連れ去り等についてご心配かと存じますが、面会交流を支援する民間団体の有する施設を利用したり、付き添い型の面会交流支援を利用したりすることで、第三者の目がある形での面会交流を実施することが可能です。

また、現在は面会交流にあたり子育て支援拠点を利用されているとのことですが、本市には小中学生を利用対象とした「こどもログハウス」のほか、地区センター、コミュニティハウスなどの市民利用施設があります。必ずしも面会交流利用を前提とした施設ではありませんが、ご参考にしてください。

問合せ先

こども青少年局こども福祉保健部こども家庭課
    電話:045-671-2390  FAX:045-681-0925   Email:kd-kokatei@city.yokohama.jp

公表内容基準日

2023年4月24日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る