「市民の声」の公表


詳細内容

新型コロナウイルス感染症の影響による自殺対策強化の要請を政府に出してください

受付年月 2022年05月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 保健・衛生・医療 > 保健 > その他保健
対応区分 情報提供その他(既に実施済み・お礼お詫び等)
一覧のページにもどる

投稿要旨

最近の著名人の自殺は、政府による新型コロナウイルス感染症の影響による自殺急増に関する対策が不十分だったからだと思います。

市から、新型コロナウイルス感染症の影響による自殺対策強化の要請を政府に出してください。

回答

日本の自殺者数は、年間3万人を超えた1998年から、2003年の34,427人をピークに減少し、2018年には20,169人まで減少しました。しかし、令和2年は11年振りに増加に転じ、令和3年においてもコロナ以前の令和元年と比較すると減少していない状況です。本市の自殺者の状況も全国とほぼ同じ状況です。

本市では、新型コロナウイルス感染症の影響が、健康問題にとどまらず、経済・生活問題、さらには自殺リスクの高まりにも発展しかねない状況にあることも踏まえ、国からの要請もあり、第1回目の緊急事態宣言下の令和2年5月以降、自殺対策を強化してまいりました。

また、大都市精神保健福祉主管課長会を通じ、国に対し、自殺対策の充実について要望しているところです。

引き続き、横浜市でも自殺対策の充実に向けて、国や県とも連携して取り組んでまいります。

問合せ先

健康福祉局障害福祉保健部こころの健康相談センター
    電話:045-671-4455  FAX:045-662-3525   Email:kf-kokoro@city.yokohama.jp

公表内容基準日

2022年6月8日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る