「市民の声」の公表


詳細内容

下水道工事の際、なぜ公道上にある個人所有のものを移設しなかったのでしょうか

受付年月 2022年03月
要望区 南区
事業名 市民からの提案
内容分類 上下水道 > 水道 > 水道施設・設備
対応区分 情報提供その他(既に実施済み・お礼お詫び等)
一覧のページにもどる

投稿要旨

歩道上に水道メーターボックスと止水栓がありますが、下水道工事の際に、なぜ移設しなかったのでしょうか。水道局、環境創造局、土木事務所で協議すれば移設できたと思います。これは道路局の道路工事許可業務システムが問題だと思います。改善してください。

回答

本市が管理する道路における掘削跡の復旧工事については、当該道路を管理している土木事務所が指示や指導を行うこととなっています。

なお、占用企業者を対象とした道路占用許可業務は、各土木事務所において、システムで申請を受付けており、受付後は、申請書の審査、占用許可書の発行、占用工事完了後の検査といった一連の業務を適切に行っております。

今後も土木事務所と連携して、安全で適切な道路の維持管理に努めて参りますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

問合せ先

道路局道路部管理課
    電話:045-671-3525  FAX:045-651-5443   Email:do-kanri@city.yokohama.jp

公表内容基準日

2022年3月23日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る