「市民の声」の公表


詳細内容

IR撤回に伴う今後の方針について教えてください

受付年月 2021年10月
要望区 全市
事業名 市長陳情
内容分類 観光・シティセールス > 観光 > その他観光
対応区分 情報提供その他(既に実施済み・お礼お詫び等)
一覧のページにもどる

投稿要旨

横浜カジノIRは市長交代とともに撤回方針となりましたが、撤回の道筋、反対してきた市民の意向を無視して誘致を推進してきた反省、公文書を残さなかった反省、IR推進室職員の市民への謝罪と処分、今後のIR推進室廃止と清算・引継ぎ・検証の道筋、IR推進室職員の今後の人事異動はどうするのか示してください。

公文書を残さず口頭での対応を認めるのでしょうか。市民が検証できるように公文書をできるだけ残すようにしてください。公文書を残さなかった市職員の対応について謝罪し、善後策を検討してください。

「共感と信頼の行政」とうたいながら、実際は市民を軽視して一方的に推進していましたが、今後どうするのか示してください。

回答

IR誘致に当たっては、超高齢社会の進展、生産年齢人口の減少など、市が抱える将来の課題への有効な方策の一つとなりえるとして、市としてIR誘致を意思決定し、市会で予算の議決をいただき、取り組んできました。

その予算に基づき、市民説明会やパブリックコメントなどを実施し、コロナ禍においては、オンライン説明会など、様々な工夫を凝らし、市民の皆様に理解を深めていただけるよう、丁寧に対応してきました。

IR推進室については、IR誘致の撤回により、令和3年10月1日付で廃止し、新設した業務調整課において、IR事業の収束に向けた事務を進めているところです。この中で、これまでの取組や経緯などの振り返りを行い、市民の皆様にもフィードバックしていきます。

また、これまで全庁的に議論してきた、横浜の観光やMICEの課題など、将来の市の施策に活せるものをしっかりとまとめ、引き継いでいきます。

なお、本市の文書事務は、横浜市行政文書管理規則及び横浜市行政文書取扱規程に基づき、適正に管理しています。

問合せ先

都市整備局総務部業務調整課
    電話:045-671-4135  FAX:045-550-3869   Email:tb-gyomuchosei@city.yokohama.jp

公表内容基準日

2021年12月27日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る