「市民の声」の公表


詳細内容

市庁舎を現在地に建設した理由が知りたいです

受付年月 2021年09月
要望区 中区
事業名 市民からの提案
内容分類 市民利用施設 > 市・区庁舎 > 市・区庁舎建設・整備
対応区分 情報提供その他(既に実施済み・お礼お詫び等)
一覧のページにもどる

投稿要旨

市役所を土地代の高い便利な場所に建設した理由が知りたいです。

回答

新市庁舎の整備に関しては、平成3年に学識経験者や市会議員、市民の皆様を含む各界の代表者などで構成する「横浜市市庁舎整備審議会」を設置し、検討を始め、平成7年には、同審議会から、交通利便性、地区の機能集積、周辺への波及効果、シンボル性・歴史性、用地確保などの観点から、新市庁舎整備にふさわしい場所を「港町地区」「北仲通地区」「みなとみらい21高島地区」の3か所とする答申が出され、その後、平成19年に公表した「新市庁舎整備構想素案」の考え方に基づき、平成20年に議会の了承を経て北仲通南地区の土地を取得しました。

その後、震災をきっかけに、平成24年5月、議会に「新市庁舎に関する調査特別委員会」が設置され、「新市庁舎の整備場所」等について議論が開始されて以降、検討が加速し、平成25年3月に策定した「新市庁舎整備基本構想」において、北仲通南地区を整備予定地としました。

新市庁舎整備の経緯につきましては、本市ホームページからご覧いただけます。

(https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/yokohamashi/shichosha/keii/story.html)

問合せ先

総務局総務部管理課
    電話:045-671-2082  FAX:045-662-7650   Email:so-kanri@city.yokohama.jp

公表内容基準日

2021年10月28日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る