「市民の声」の公表


詳細内容

身体障害者手帳の交付について、提案があります

受付年月 2021年09月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 福祉 > 障害者福祉 > その他障害者福祉
対応区分 要望等にお応えできません
一覧のページにもどる

投稿要旨

身体障害者の再認定をしてもらいましたが、手帳の再発行時まで今の手帳が使えるのか質問したところ、使用はできるが障害の等級が変わると医療費の差額が生じ、再度請求となるとのことでした。障害者手帳が交付されましたが、再交付日と再認定日を同一にすれば、差額の計算や徴収など多くの無駄が省け、また、税金の無駄遣いを回避し、分かりやすくなると思います。

回答

身体障害者手帳は、障害のある方の日常生活や社会生活を支援する様々な福祉サービスを受けるために必要となっています。福祉サービスの利用にあたっては、手帳の交付日から受けられるものや、お手元に手帳が届いてから受けられるものなど様々となっています。

身体障害者手帳の申請から交付までは、概ね1か月半から2か月程度のお時間を要するため、福祉サービスのご利用に支障が生じないように、手帳の交付日は窓口で申請を受け付けた日としております。身体障害者手帳に関する等級変更や再認定の申請手続についても同様の取扱いとなっています。

上記の趣旨を踏まえ、ご理解くださいますようお願いします。

問合せ先

健康福祉局障害福祉保健部障害者更生相談所
    電話:045-473-0666  FAX:045-473-0809   Email:kf-koseisodan@city.yokohama.jp

公表内容基準日

2021年11月8日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る