「市民の声」の公表


詳細内容

新型コロナウイルス感染症が終息するまで値上げを延期するか撤回してください

受付年月 2021年09月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 上下水道 > 水道 > 水道料金
対応区分 要望等にお応えできません
一覧のページにもどる

投稿要旨

新型コロナウイルス感染症が終息するまで、値上げを延期するか撤回してください。

老朽化したパイプを交換することは理解できますが、これまで何故費用を積み立ててこなかったのでしょうか。

回答

独立採算制である水道事業は、利用者の皆様にお支払いをいただく料金収入が主な財源となります。この料金収入ですが、前回料金改定を行った平成13年度の789億円をピークに減少に転じ、令和元年度は694億円と約95億円減少しています。また、本市の人口は今後減少が予測されており、より一層の減収になると考えています。

一方で、水道施設の多くは高度経済成長期に集中的に建設されたものであり、老朽化が進み更新時期を迎えています。さらに近年、地震や豪雨等の自然災害が頻発しており、更新事業の先送りは事故や災害時の被害等に繋がることから、更新や耐震化を着実に行っていくことが喫緊の課題となっています。

水道局では、これまで一定の積立金を確保しつつ、業務効率化を図り職員数を900人削減するなど、人件費をはじめとする費用削減や、水道施設の売却や貸付など資産の有効活用等による財源確保により、料金収入の減少に対応してまいりました。しかし、今後は経費削減等だけで対応することは難しい状況です。

このような中、令和6年3月までの事業運営や施設更新等に必要な額が1,830億円であるのに対し、料金改定を実施しない場合の収入の見通しは1,634億円となり、196億円が不足する見込みとなりました。

新型コロナウイルス感染症の影響により、市民の皆様の生活や市内経済は大変厳しい状況にあることは十分に認識しておりますが、将来にわたって安心・安全に水道水をお使いいただくため、上記の不足額を率に換算した平均改定率12%の料金改定をさせていただきました。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

問合せ先

水道局経営部経営企画課
    電話:045-671-3127  FAX:045-212-1157   Email:su-keieikikaku@city.yokohama.jp

公表内容基準日

2021年9月24日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る