「市民の声」の公表


詳細内容

市長はIRに関する要望書の受け取りを拒否するべきではなかったでしょうか

受付年月 2021年09月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 経済・産業 > 産業振興 > その他産業振興
対応区分 情報提供その他(既に実施済み・お礼お詫び等)
一覧のページにもどる

投稿要旨

横浜商工会議所から市長に「市政(IR)に関する要望書」が提出されましたが、なぜIRに断固反対をして選挙に出馬したのに簡単に受け取ったのですか。本当に反対しているならば、受け取りを拒否するべきではなかったでしょうか。

回答

横浜商工会議所は、商工会議所法に基づき、その地区内における商工業の総合的な改善発達を図り、兼ねて社会一般の福祉の増進に資することを目的に設立された、地域総合経済団体です。

例年、横浜商工会議所からは、市内事業者の皆様の貴重なご意見・ご要望をとりまとめた要望書をご提出いただいており、今回も「令和4年度 横浜市政に関する要望書」を受領しました。

本要望書は、IRの横浜誘致の実現だけではなく、医療体制の強化や、企業の事業継続に向けた支援、公共インフラ整備の促進など、市政運営に関する様々な分野についてご要望いただいています。

なお、9月10日の横浜市会本会議において、市長はIR誘致の撤回を宣言しており、山下ふ頭については、市民・事業者の皆様と対話を重ねながら再開発に向けた検討を進めていきます。

今後とも市民の皆様に、誠実で、信頼される市政運営を目指して努力していきますので、ご理解いただけますようお願いします。

問合せ先

経済局政策調整部企画調整課
    電話:045-671-2566  FAX:045-661-0692   Email:ke-kikaku@city.yokohama.jp

公表内容基準日

2021年9月28日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る