「市民の声」の公表


詳細内容

IRについて意見と質問があります

受付年月 2021年07月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 観光・シティセールス > 観光 > その他観光
対応区分 情報提供その他(既に実施済み・お礼お詫び等)
一覧のページにもどる

投稿要旨

1、区域整備計画の内容に不備や納得がいかない部分がある場合に、市民はどのような形式、タイミングで、どのような意見を言えるのでしょうか。

2、パシフィコ横浜やみなとみらいのショッピングモールとの共存といった地域経済との連携を事業者に求めても、事業者が横浜市の意向を汲み切れないことも十分に考えられます。どのように担保されるのですか。

3、IRに関する市民説明会については、横浜市が一方的に説明しているばかりです。市民説明会が行われたのは12区のみで、事業説明会もオンラインでした。公聴会の前に市民に広く説明して、質疑応答を行う場を設けるべきです。

4、IR推進の是非を諮る議決を行うよう求めます。

回答

1について

IRについては、これまでも、市民説明会や各種広報、パブリックコメントなどを通して、市民の皆様に丁寧にご説明し、ご意見を伺ってきました。

なお、本市の実施方針は、パブリックコメントでのご意見等を反映した「横浜IRの方向性」を参考に策定しています。

また、本市は、設置運営事業予定者と共同して、国の基本方針及び本市の実施方針に則して区域整備計画を作成し、IR整備法第9条第5項に基づく協議会における協議、同条第6項に基づく公安委員会及び県の同意、同条第7項に基づく公聴会の開催その他の住民の意見を反映させるために必要な措置を講じ、同条第8項に基づく市議会の議決等の必要な手続を経て、同条第1項に基づき、認定の申請を国土交通大臣に対して行うこととしています。

2について

事業者には、実施方針等に従い、設置運営事業を実施する義務があります。さらに、区域整備計画の作成に当たって、横浜市は、設置運営事業予定者と共同して、国の基本方針及び本市の実施方針に即して区域整備計画を作成することとなっています。

3について

新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、IR市民説明会の6区(戸塚区、都筑区、栄区、青葉区、瀬谷区、泉区)については、動画による配信で代替しました。また、IR事業説明会については、サテライト会場の設置を中止し、オンライン形式を中心に開催しました。

いずれの説明会においても、対面やオンラインといった開催形式にかかわらず、参加者(6区の参加決定者やサテライト会場申込者を含む)からご質問をいただき、説明会当日の質疑応答やホームページでの公表を通じて、全ての質問に回答しています。

4について

IR整備法では、区域整備計画を作成し、国の認定を申請しようとするときは、議会の議決を経なければならないとされています。

問合せ先

都市整備局IR推進部IR推進課
    電話:045-671-4135  FAX:045-550-3869   Email:tb-irsuishin@city.yokohama.jp

公表内容基準日

2021年8月13日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る