「市民の声」の公表


詳細内容

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種における障害児者への配慮について要望します

受付年月 2021年03月
要望区 全市
事業名 市長陳情
内容分類 保健・衛生・医療 > 保健 > 感染症・難病対策
対応区分 要望等にお応えできません
一覧のページにもどる

投稿要旨

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について、障害児者並びに障害福祉サービス利用者及び従事者についても、高齢者と同様に接種を受けられるよう、下記の通り要望します。

1 接種順位の基本的考え方と具体的な範囲について、基礎疾患を有する16歳以上の障害児者は基礎体力が低下しているため、高齢者と同等とみなしてください。

2 ワクチンの安全性が保障され、16際未満の児童にも接種可能とされた際には、基礎疾患を有する16歳未満の障害児は基礎体力が低下しているため、高齢者と同等とみなしてください。

3 高齢者施設等の従事者とは、厚生労働省通知の別紙で示された施設に入居・居住する高齢者等の有無にかかわらず、全ての障害福祉サービス従事者を対象としてください。

4 高齢者施設等の従事者に在宅介護提供者を含めてください。

5 基礎疾患を有する障害児者は基礎体力が低下しているため、その家族・支援者への接種を進めてください。

回答

1 厚生労働省が定める接種順位のうち、感染するリスクの高い医療従事者や重症化しやすい高齢者から優先的に接種をすすめる必要があります。そのため、現時点では、基礎疾患を有する障害児者(16歳以上)についても、医療従事者や高齢者に次ぐ順位にて接種を開始する予定です。

2 新型コロナウイルス感染症のワクチンにおける16歳未満の接種については、一部のワクチンにおいて12歳以上の小児を対象とした臨床試験が海外で開始されていますが、国内での承認予定は現時点では未定です。また、対象となった際の接種順位についても、現時点では厚生労働省から特段示されておりません。

3および4 新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種については、重症化リスクの大きさや医療提供体制の確保等を踏まえ、順次接種できるようにすることを、政府の分科会での議論を経て決定しました。自治体の判断で 高齢者施設等の従事者の範囲を拡大することは困難ですが、速やかに接種が進むよう取り組んでいきます。

なお、居宅サービス事業所等及び訪問系サービス事業所等については、一定の条件のもとで、高齢者施設等に含むことが可能と国から示されました。取扱いについては、所管部署と協議し、対象の事業所にご案内する予定です。

5 現時点では、新型コロナウイルス感染症のワクチンの供給量は限られており、厚生労働省が定める接種順位で接種を進めていく必要があります。基礎疾患を有する障害者の家族・支援者の方においても、現時点では、厚生労働省が定める接種順位での接種にご協力いただきますようお願いいたします。

問合せ先

健康福祉局健康安全部健康安全課
    電話:045-671-4841  FAX:045-664-7296   Email:kf-kenkoanzen@city.yokohama.jp

公表内容基準日

2021年7月7日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る