「市民の声」の公表


詳細内容

保育園の入園手続きの点数が時代にそぐわないです

受付年月 2021年03月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 子育て > 保育園 > 保育園手続・基準
対応区分 <最新> 要望等を受けた後に実施しました    <初回公表時点> 今後実施予定
一覧のページにもどる

投稿要旨

保育園の入園手続きの点数が、居宅外労働者が優遇されています。自営業で居宅内労働者の私は点数が低いです。居宅内と居宅外で差別をするのは時代にそぐわないです。

回答

保育所等の利用については、多くの保護者が様々な理由で希望されていることから、保育所等での保育をより必要とするお子さんを優先して利用していただくために、「横浜市給付認定及び利用調整に関する基準」(以下、基準)を定め、適正かつ公平な選考に努めています。ご指摘のとおり、現時点では、居宅内労働と居宅外労働との間で利用調整上の優先度に差を設けています。

しかしながら、場所を固定しない多様な働き方が広がっている現状を鑑み、基準を見直す方向で検討しております。見直しにあたっては、今後、市民意見募集を実施していく予定です。

いただいた御意見も参考とさせていただきながら、公平で安定した基準となるよう努めてまいりますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

問合せ先

こども青少年局子育て支援部保育・教育認定課
    電話:045-671-0253  FAX:045-550-3942   Email:kd-hknintei@city.yokohama.jp

公表内容基準日

2021年4月19日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

更新日

2021年10月8日

対応の状況

2021年9月に実施しました

「横浜市給付認定及び利用調整に関する基準」について、令和3年6月15日〜7月14日に意見公募を行った結果、労働場所による優先度の差異を設けないことしました。改正した基準は、令和3年9月15日からホームぺージにて公表を行っています。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る