「市民の声」の公表


詳細内容

市外在住者がコンビニで横浜市の戸籍謄本が取得できないのはなぜですか

受付年月 2020年09月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 戸籍・税金・保険年金 > 戸籍・登録 > その他戸籍・登録
対応区分 要望等にお応えできません
一覧のページにもどる

投稿要旨

横浜市に本籍がありますが、市外在住のためコンビニで戸籍謄本が取得できませんでした。市外在住者は、コンビニ交付サービスを利用できず、郵送で申し込まなければいけないとのことですが、横浜市はマイナンバー制度に反対しているのですか。他都市に本籍があった時は利用出来たのですが、横浜市では利用出来ない理由を教えてください。

回答

お住まいの市町村と本籍地の市町村が異なる方の場合、事前に利用登録申請を行っていただき、本籍地の市町村が確認を行うことで、コンビニ交付において戸籍証明書を取得できるサービスを行っている市町村があります。

横浜市は、現時点ではこのサービスに対応するシステムとなっておりませんが、今回のご意見を参考に、引き続き、マイナンバーカードやコンビニ交付サービスの普及状況、他都市の実施状況等を見ながら、コンビニ交付サービスのこのサービスについて検討して参ります。

今後ともサービスの向上に努めてまいりますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

問合せ先

市民局区政支援部窓口サービス課
    電話:045-671-2176  FAX:045-664-5295

公表内容基準日

2020年10月27日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る