「市民の声」の公表


詳細内容

鶴見区を活気づけるための仕組み等を考えてください

受付年月 2019年05月
要望区 鶴見区
事業名 市民からの提案
内容分類 観光・シティセールス > 観光 > 観光振興
対応区分 <最新> 要望等を受けた後に実施しました    <初回公表時点> 今後検討
一覧のページにもどる

投稿要旨

大黒ふ頭客船ターミナルのオープンを受けて、交通アクセス、地図及び鶴見での食事や土産で商店街を活用することや区内の名所・文化歴史の案内看板等の整備はどのように考えていますか。

また、キッチンカーを区で用意して、休日のイベントで貸し出したり、災害時は避難場所に貸し出すような運用は考えられないですか。

回答

大黒ふ頭客船ターミナルのグランドオープンは、鶴見区としても区の魅力をPRする好機であると捉えています。

4月19日及びゴールデンウィーク中の大黒ふ頭への客船着岸に併せて実施しました客船見学会では、一部日程で地元商店にも出店いただくとともに、鶴見区の紹介ブースを設けPR活動を行いました。今後も客船着岸やスカイウォークの開放日等に併せて、イベント開催時には地元商店にも出店いただけるよう区としても協力してまいります。

鶴見区内各所からの交通アクセスや区内名産品、鶴見の文化歴史を紹介する観光スポットの案内等の整備につきましては、港湾局などの関係局や区内各店舗・施設等と協議しながら検討していきます。

なお、区によるキッチンカーの導入については、必要な設備や販売方法が出店内容によって異なることなどから現時点では考えておりません。

今後も大黒ふ頭を有効な観光資源とし、区内の賑わい創出と経済活性化に繋がるよう、関係局とも連携し、取り組んでまいりますので、ご理解・ご協力いただきますようお願いします。

問合せ先

鶴見区総務部区政推進課
    電話:045-510-1677  FAX:045-504-7102   Email:tr-kusei@city.yokohama.jp

公表内容基準日

2019年5月24日   

※上記の内容はすべて公表内容基準日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

更新日

2022年6月15日

対応の状況

2022年6月に実施しました

大黒ふ頭の活用のあり方や、既存の観光資源を生かした区内の賑わい創出及び経済活性化については、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み、関係局と協議をしながら実施できる取組について、引き続き検討していきます。

なお、新本牧ふ頭の役割や建設技術、環境への取組などを紹介するため、スカイウォークの展望室及び内港側プロムナードが整備・改修されます(令和4年6月25日リニューアルオープン予定)。改修後は、市民の皆様が訪れやすい土日祝日を基本として開放する予定です。今後もこのような資源も活かしながら、大黒ふ頭エリアの賑わい創出を行っていきます。


この件に関するご意見等がありましたら「市民からの提案」をご利用ください。

先頭に戻る