- トップページ|検索

広聴〜横浜市民の「声」

「市民の声」の公表



詳細内容

[件名]   どうして市民が提案しないと海上保安庁に調査の状況を問い合わせしないのでしょうか

受付年月 2018年03月
要望区 神奈川区
事業名 市民からの提案
内容分類 港湾・河川 > 水域管理 > 水域管理
対応区分 今後実施予定
<投稿要旨>

沈船の処理について不満があります。

港湾局のパトロール船がよく巡回しているため、沈船があることは認識しているはずですが、なぜ市民が提案しないと海上保安庁に調査の状況を問い合わせしてくれないのでしょうか。

<回答>

本市においても海上保安庁の調査とは別に、ご指摘された沈船の現場確認や所有者の調査を行ってまいりましたが、所有者の特定には至らなかったことから、海上保安庁の調査結果もふまえ、当該沈船を所有者の無い廃物として判定する手続きを進めているところです。廃物と判定されてから撤去を行うことになるため、撤去までに時間を要することとなり、申し訳ありませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

<問合せ先>

港湾局建設保全部保全管理課
   電話:045-671-7200  FAX:045-662-6565

<公表内容基準日>

2018年3月23日     ※上記の内容はすべて左記の日付時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

<対応の状況>

2020年3月までに実施予定

撤去処分に向けて、手続きを進めていきます。



市民からの提案 この件に関するご意見等がありましたら、「市民からの提案」の専用の投稿フォームをご利用ください。
市民局広報相談サービス部広聴相談課 - 2018.3.23作成
お問合せ - sh-kochosodan@city.yokohama.jp - TEL:045-671-2354 - FAX:045-212-0911
© 2005-2018 City of Yokohama. All rights reserved.