本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 健康福祉局 > 横浜市 よこはま福祉ナビ > 福祉サービス第三者評価 > 評価調査員とは?
福祉サービス第三者評価

評価調査員とは?

かながわ福祉サービス第三者推進機構が実施する養成研修および横浜市の養成研修を修了した者で、 横浜市指定の評価機関に所属している者をいいます。評価調査員は市の評価基準を使用し、 横浜市内の福祉施設(高齢、障害、保育、保護)で調査活動をしています。

評価調査員になるためには?

1 かながわ福祉サービス第三者評価推進機構の養成研修を修了し、評価調査員として登録していること。
2 横浜市が指定する評価機関に所属し、横浜市第三者評価養成研修を修了していること。
この2点が評価調査員になるための要件となります。
評価調査員になるための流れ
※ 研修日数は目安であり、受講料は総額で4万円程度となります。

横浜市福祉サービス第三者評価「評価調査員の手引き」

評価項目の解説と評価のポイントは下記PDFをダウンロードして下さい。
※市民局市民情報室市民情報センター有償刊行物サービスコーナーでの販売は終了致しました。

高齢者入所施設

養護老人ホーム

障害者施設

地域療育センター

障害児施設

保育所

3歳未満児施設

保護施設

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)