本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 健康福祉局 > 横浜市 よこはま福祉ナビ > 福祉サービス第三者評価
福祉サービス第三者評価

第三者評価とは?

新着更新情報

現在、掲載されている情報はありません。

福祉サービスの第三者評価ってなんだろう?

事業者の提供するサービスの質を、当事者(利用者や事業者)以外の公正・中立な第三者機関が、専門的・客観的な立場から評価を行います。行政の監査とは異なり、最低基準を満たしているかを確認するのではなく、評価結果を広く公表することにより、各事業者がよりよいサービスを提供できるように誘導する役割を持っています。

どうやって評価するの?

事業者による自己評価、評価機関による第三者評価、利用者調査・家族アンケートを組み合わせた評価とします。
評価の流れ

どんなサービスを評価するの?

以下の施設について評価しています。
評価項目 評価開始年度
特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
介護老人保健施設
障害者入所施設
16年度より評価開始
児童養護施設
母子生活支援施設
17年度より評価開始
横浜保育室
乳児院
18年度より評価開始
救護施設
更生施設
19年度より評価開始
養護老人ホーム
地域療育センター
20年度より評価開始
障害児施設 21年度より評価開始

横浜市の評価基準が知りたい!

※『横浜市の評価基準』を使用して第三者評価事業を行う予定の評価機関の方は、事前に横浜市までご相談ください。
Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)