本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 健康福祉局 > 横浜市 よこはま福祉ナビ > 福祉サービス第三者評価 > 矢向あけぼの保育園 第三者評価結果 保育分野(保育) 分類別結果(平成27年度)
矢向あけぼの保育園 第三者評価結果 保育分野(保育)

分類別結果(平成27年度)

評価領域 Ⅰ 利用者本人(子ども本人)の尊重 評価領域 Ⅱ サービスの実施内容 評価領域 Ⅲ 地域支援機能 評価領域 Ⅳ 開かれた運営 評価領域 Ⅴ 人材育成・援助技術の向上 評価領域 Ⅵ 経営管理
ひょう太アイコン3つ:高い水準にある 2つ:一定の水準にある 1つ:改善すべき点がある

評価領域 Ⅰ 利用者本人(子ども本人)の尊重

評価分類 評価の理由(コメント)
Ⅰ-1 保育方針の共通理解と保育課程等の作成
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・保育理念は「私たちは、子どもの権利条約・児童憲章の精神に基づき、未来を担う子どもたちが、心身ともに健康に育つことを目指し努力します。その為には、子どもとかかわるすべての人々が安心して生きていける社会の実現を目指します。」としています。保育方針を「私たちは、長年認可外の共同保育所で培ってきた子育ての理念に基づき、子どもたちが心身共に健康に育ち、一人ひとりが尊重され、生きる力や思いやりがそだつことを目指し保育を行います。また、保護者が安心して働き子育てが出来るように、職員が心を合わせともに考え、ともに喜び合える保育園をめざします。」とし、保育目標を「・ぼくもわたしも一人ひとりが主人公 意欲をもって何事にも挑戦しよう。・思いきり体を使って遊ぶことが大好き! 自然に触れながら五感をたっぷり育てよう。・お友だちがいっぱい、仲間といることが大好き 思いやりの心を育て、失敗も成功もみんなの力にしよう。」としていて、利用者本人を尊重したものとなっています。

・理念や保育方針、保育目標は「保育課程」に記載され、職員会議でも職員に説明しています。これを基に指導計画が作成されるので職員は理解しています。

・保育課程は、保育理念・保育目標に基づき、一人一人の子どもの発達過程や家庭状況を踏まえるなど、子どもの最善の利益を第一義にしています。

・日常の保育において、子どもの発達段階に応じて職員は必要なことをきちんと話し、子どもが納得することを大切にしています。乳児等言葉で伝えられない子どもは表情や態度から意思を汲み取るようにしています。幼児には保育士が先取りしたり、押し付けたりしないで、子どもから意見や要望を言いやすいよう待つことを大事に取り組んでいます。子どもの意見や要望を聞いて指導計画の見直しに活かしています。指導計画には柔軟性を持たせ、子どもの意見を計画に反映させています。
Ⅰ-2 子どもの発達や状況に応じた適切な援助の実施
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・入園説明会を実施して、保護者と面接しています。十分な時間が取れない保護者には担任と日時を決めて後日、改めて面接しています。面接時に子どもと一緒に来園してもらい、子どもの様子を観察して記録しています。

・入園後の短縮保育(ならし保育)は子どもの様子や状況に応じて保育時間を徐々に延ばしていくようにしています。保護者には事前に「保育園のしおり」の慣らし保育の項で乳児・幼児それぞれ例をあげて説明しています。

・0,1歳児はしっかりした担当制をとって保育をし、個別に主担当者が決まっています。

・0,1,2歳児は、毎日連絡ノートを記入し、子どもの様子について保護者への丁寧な連絡を心掛けています。保護者も家庭での様子を記入して相互に理解を深めています。幼児は保護者の希望によって連絡ノートを使用しています。

・月間指導計画や個別指導計画は、子どもの発達や状況に応じて作成し、評価や見直しをして、次の計画を作成しています。指導計画の評価・改訂に当たっては、クラスの担当者が話し合い作成し、園長も目を通して助言をしています。
Ⅰ-3 快適な施設環境の確保
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・園内外の清掃は良く行われて清潔に保たれています。通風、換気は常に留意していて、気になる臭いはありませんでした。保育室は南向きで、陽光が十分取り入れられる構造となっています。音や保育者の声については勉強会を実施し、家庭的で落ち着いた雰囲気を目指すよう音に配慮しています。

・0歳児保育室内に沐浴設備があり、乳児用・幼児用の子ども用トイレに温水シャワーがあります。

・低年齢児が安心して過ごせるよう、マットや衝立、机等でコーナーを作り、小集団保育が行われるよう保育室の使い方を工夫しています。0,1,2歳児の保育室は食べる・寝るなど同じ部屋ですが機能別に場所を確保しています。3,4,5歳児は食事は各保育室で行い、午睡はホールにコットを敷いて寝る場所を確保しています。
Ⅰー4 一人一人の子どもに個別に対応する努力
ひょう太1 ひょう太2
・3 歳未満児については、子どもの成育歴や心身の発達を考慮して、個別指導計画を作成しています。幼児についても、特別な課題がある場合には、個別指導計画を作成しています。個別の目標・計画は定期的に見直すだけでなく、離乳食
の進め方やいやいや時期(いやいや期)の対応など子どもの発達状況に合わせ保護者と連携を図り、柔軟に変更・見直しを行なっています。

・子どもや家庭の個別の状況・要望は、児童票(経過記録)、児童健康台帳、個別指導計画等定められた書式に記録しています。子どもの記録内容は事務室のロッカーに保管して、職員は共有しています。

・重要な申し送り事項は児童票に記録し、進級時には次の担任はあらかじめ児童票を読み、前担任と時間をかけて打ち合わせを行なっています。

・個別指導計画の作成・見直しにおいて、保護者の意向を確認していますが、園としては全ての保護者に同意を得るまでには至っていないと考えています。
Ⅰー5 保育上、特に配慮を要する子どもへの取り組み
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・事業計画に障害児保育事業をあげ、保育課程にも障害のある子どもの理解、配慮、適切な支援をすると表明して特に配慮を要する子どもを積極的に受け入れる姿勢があります。特に配慮を要する子どもの個別のケースについては、クラスや職員会議で話し合い、個別の記録に反映させています。職員は積極的に最新の情報を研修し、研修記録と資料をもとに職員に報告して、得た知識を保育に活かしています。

・園の床は段差がなく、バリアフリーの構造となっています。車椅子対応の広いトイレを設置し、2 階へはエレベーターを使用して移動できます。横浜市東部地域療育センター、鶴見区の保健師、専門家などから助言や情報を得て保護者と
話し合っています。

・障害の特性に考慮した個別指導計画が立てられ、職員は共有しています。外部カウンセラーに来園してもらい、対応の難しい子どものケースカンファレンスを昨年度は3 回、引き続き今年度も3 回実施しました。また、発達障害の園内研
修を2 回実施し、全職員で対応を共有するように努めています。

・虐待に関しては、昨年度は園長、今年度は看護師が虐待に関する外部研修に参加し、虐待の定義や対応を職員に報告しています。虐待に至らないように、保護者と連絡を取り合い、家庭支援が必要と思われる保護者には、話しを聞く機会を設けて、話し合いを行なっています。また、虐待防止連絡会に参加して防止に努めています。

・アレルギー疾患のある子どもについては、かかりつけ医の指示を受け、適切に対応しています。食物アレルギーについては、入園時に医師の診断書と「保育所におけるアレルギー疾患生活管理指導表」を提出してもらい、相互にチェックし、翌月の献立表を毎月末に保護者に配布して連絡を密にしています。除去食を提供する場合は、専用の皿を使用し、禁止食品をラベルで記載した専用トレーを使用して、栄養士とクラス担任が確認して提供しています。

・文化や生活習慣、考え方の違いを認め尊重するよう配慮しています。現在は日本語が堪能な保護者のみですが、意思の疎通が困難な場合は区役所の通訳ボランティアを依頼するなどの対応策を考えています。
Ⅰー6 苦情解決体制
ひょう太1 ひょう太2
・「保育園のしおり」の“苦情処理委員会の設置について”の項に要望・苦情を受け付ける担当者が決まっており、保護者に説明しています。元保育士と心理カウンセラーの2 名が第三者委員として決まっていて、直接苦情を申し立てることができるよう「保育園のしおり」や園内に掲示して周知しています。三者委員を交えて対応する仕組みは、文書に明記されています。苦情解決責任者は園長が任にあたり、要望や苦情の解決策は職員会議等で職員に周知しています。

・懇談会や保護者会から進んで要望や苦情を聞いていますが、自分で意見を表明するのが困難な園児や保護者から意見を聞く手立てが不十分だと園では考えています。また、苦情はまだなく、過去の苦情・トラブルや要望のデーターを蓄積・整理するまでには至っていません。

評価領域 Ⅱ サービスの実施内容

評価分類 評価の理由(コメント)
Ⅱー1 保育内容[遊び]
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・職員手作りのバッグや人形、おぶい紐、スカートやエプロン、スナップはめ、等が取り出しやすいように、整理されています。幼児クラスには本物の鍋やしゃもじ、お椀や皿、洗面器や洗濯ピンチハンガー、病院や美容院のセット、また、紙やサインペン、粘土等があり、写真を棚に貼って片づけやすいようにしてあります。蛇口のついた流しや手作りのレンジ台があります。絵本は表紙が見えるような絵本棚に並んでいます。それぞれ、自分で選んで取り出して自由に遊べるようになっています。

・子どもたちは好きなことをして遊び込める時間が十分確保されています。乳児の朝の受け入れは各クラス単位でされているので、遊びが中断されることはありません。

・保育士は子どもたちが一人一人じっくり遊べるように見守り、声をかけたり、一緒に遊んだり、援助しています。

・夏にはオクラ・きゅうり・トマト・枝豆を栽培し、スタンプにしたり、枯らして種を取ったり、給食に出してもらっています。保育室ではカブトムシの幼虫やカタツムリ、メダカを飼育したり、散歩先の公園で虫などに触れ、興味関心を広げています。

・天気の良い日には公園等に散歩に出かけ、季節を肌で感じられるようにしています。落ち葉や枝を拾ったり、虫を触ったり、芋掘りの後のつるでリースを作ったり、自然に触れられる体験を大事にし、園庭の雑草も抜いたりせず、自然のままにしています。

・幼児のクラスは3,4,5歳児と3,4歳児の2クラス、乳児は0歳児と1,2歳児合同クラス、2歳児クラスで構成されており、普段から異年齢のかかわりの中で生活しています。誕生会や夕方の園庭あそびは園全体の交流になっています。5歳児は1,2歳児クラスの午睡明けの手伝いに行く機会を作っています。

・職員は常に公平で温かい態度、言葉遣い、穏やかな話し声等で子どもたちに接し、信頼関係を築いています。

・体育課業を週に一度行っています。これは発達段階に応じて、背筋・腹筋・身体の軸を強くするもので、子どもたちもとても楽しみにしています。園庭には鉄棒があり、ロープでブランコが作ってあったり、足蹴り乗用玩具や1本げた・ぽっくりなどがあります。
Ⅱー1 保育内容[生活]
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・保育士は残すことを叱ったり、嫌いな物を無理に食べさせることはありません。子どもたちは自分で食べたい量をよそい食べています。

・乳児は自分で食べることを大切にするため、スプーンは口元で止めて自分で食べようとすることを大事にしています。それぞれの食べるスピードを尊重するため、食事の発達でグループ分けをして、席や食べ始める時間を考えています。

・子どもたちが食事やその過程に関心をもつように、0歳児から野菜を触ったりしています。幼児になると自分でよそったり、配膳、下膳しています。

・食器は高強度磁器を使い、スプーンですくいやすいように皿の角は直角になっています。介助用のスプーンも発達段階で替えています。

・栄養士は保育室を訪れ、子どもたちが食べている様子を見たり、子どもたちから感想を聞いています。

・献立表には毎月、献立作成のポイントだけでなく、栄養士の気づいたことや海藻の話、食物アレルギーの話、発酵食品の話など様々な情報提供をおこなっています。

・眠れない子ども、眠くない子どもには午睡を強要していません。訪問の日、保育室で眠れなかった子どもは園長室で過ごしていました。

・安心して眠れるようにカーテンを引いたり、静かにわらべ歌を歌ったりしています。寝かしつけられるのでなく、見守られて自分で眠ることを大事にしています。

・トイレットトレーニングは一人一人の発達状況に合わせ個別に対応しています。園での様子を伝え、また家庭での様子も聞いて双方で無理なく進めています。

・おもらしをした子どもを叱るようなことは決してありません。排泄の対応の中で「一人一人の尊重」は全職員が最も大事にしていることです。

・授乳については、その子どものペースに合わせて保育士が抱いて授乳しています。離乳食を食べさせる時は0歳児は歩けるようになるまでは抱いて1対1で食べさせ、自分で食べられるようになったら、2対1でついて、子どもの食べるペースを大事に、食事の時間を作っています。そのため、食事までの時間が長くなったり、待つ間に眠くなる子どももいることを考え、さらなる工夫が期待されます。
Ⅱー2 健康管理・衛生管理・安全管理[健康管理]
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・「健康管理マニュアル」「感染症対策マニュアル」があります。

・看護師及び保育士が、朝の視診をしっかり行い、保護者からも口頭で様子を聞き、一人一人の健康状態を把握しています。

・園での子どもの健康状態は必要に応じて保護者に連絡し、降園後の対応について相談にのっています。また前日の体調不良やけが等があった場合は、早出の保育士、園長でその後の様子の確認を行っています。

・年2回の健康診断・年1回の歯科健診をおこない、健康台帳に記載しています。

・嘱託医の先生が隣接する病院の医師のため、すぐに受診ができ、連携体制が密に取れています。

・保育中に感染症が発生した時には保護者へ速やかに連絡をし、保護者の事情を考慮して、迎えが来るまでは、看護師の管理の下、医務室にて安静に過ごしています。
Ⅱー2 健康管理・衛生管理・安全管理[衛生管理]
ひょう太1 ひょう太2
・「衛生管理マニュアル」があります。

・看護師指導のもと、保育室・トイレ・給食室等の清掃・消毒が行われ、清潔に保たれています。

・マニュアルの定期的な見直しをしたり、共有するための研修・具体策が講じられていません。
Ⅱー2 健康管理・衛生管理・安全管理[安全管理]
ひょう太1 ひょう太2
・「安全管理マニュアル」があります。

・未然防止のための措置やプール・水遊び・散歩・園外活動・災害時等に対応しており、職員に周知されています。

・毎月1回、火災や地震を想定した訓練が実施されています。地域の避難所に避難する訓練や「らくらく連絡網」を使っての保護者の練習もしています。

・子どものケガは連絡帳に記載し、口頭でも保護者に状況を説明しています。記録もつけています。

・おもちゃ棚やロッカー等には転倒防止の安全対策が取られています。しかし、幼児の絵本コーナーの棚が天井近くまであり、地震の際に上の棚から物が落ちないような工夫が望まれます。

・玄関は施錠され、IC カードで管理されていますが、外階段・園庭の対策がまだ不十分です。保護者アンケートからも心配する声が聞かれました。改善されることが望まれます。
Ⅱ-3 人権の尊重
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・子どもたちをせかしたり、急がせることはありません。子どもたちのペースで生活できることを大事にしています。常に穏やかで分かりやすい言葉で話しています。

・子どもたちが自分の気持ちを出せるように常に寄り添い、いつでも受け止める姿勢があります。

・人格を辱めるようなことや自尊心を傷つけるようなことはありません。子ども一人一人の気持ちを尊重して日々の保育をしています。またそれは全職員で共通の理解をしています。

・必要に応じて、絵本コーナー、外階段のベランダ、事務室などを使って一対一で話す場所はあります。

・守秘義務の意義や目的を採用時に、職員やアルバイト、ボランティアにも周知しています。

・個人情報の取り扱いについては「入園のしおり」で説明し、説明会等でも保護者に説明し、了解を得ています。

・遊びや行事の役割、持ち物、服装などで性別による区別はしていませんが、性差について、今回の第三者評価の受審を機に初めて意識した職員が多くあり、今後、お互いの気づきを話し合ったり、反省する仕組みができることが望まれま
す。
Ⅱ-4 保護者との交流・連携
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・保護者には入園説明会や年度はじめの全体会で、クラス方針・抱負・普段の保育の基本や行事の考え方等を分かりやすく理解できるように説明しています。

・保育参観・保育参加の後に個別面談をしています。また5歳児は卒園の1ヶ月前にも行います。その他希望があればいつでも個人面談を受けることができます。

・相談を受けた職員が適切に対応できるように園長も一緒に考えていくシステムはできています。また、職員の研修を担当している外部カウンセラーに助言を求めることができ、実際に何例か助言してもらいました。

・各クラスにその日の保育の様子を知らせる掲示があります。また、時には写真で活動の様子を知らせることもあります。

・クラスごとに保育参観・保育参加の日程を設けています。前年度もほとんどの保護者が参加しました。

・保護者会があります。役員会には場所の提供をしています。また、保護者会は文集担当やわらべうた担当等グループが分かれており、それぞれに担当の職員がいて、参加しています。

・日常保育の中や園だより、連絡帳などで保育方針が理解されるよう努力しています。今後は保護者の理解をより深めるために、保育方針等が保護者の目につく場所に掲示されることが望まれます。

評価領域 Ⅲ 地域支援機能

評価分類 評価の理由(コメント)
Ⅲ-1 地域のニーズに応じた子育て支援サービスの提供
ひょう太1
・今年度は栄養士による「安心で美味しいおやつ」のテーマで手作りおやつ講習会と絵本出版社の方による「絵本は心の栄養です」という講座を開催しました。おやつ講習会では添加物についての実験を含み、参加者に安心できる食べ物について考えてもらう機会になりました。今後は「わらべうた」や「ベビーマッサージ」も予定しています。

・園庭開放も行っていますが、園庭が建物の裏側にあり、表の道からは見えにくいので、園庭開放をしているポスターを門扉など大勢の人の目に触れる場所に掲示するなどの工夫が期待されます。

・開園2年目ということで、地域支援のニーズの把握に努めたり、職員間で話し合ったりするまでには至っていません。今後の課題となっています。
Ⅲー2 保育所の専門性を活かした相談機能
ひょう太1 ひょう太2
・町内会の掲示板や回覧板、ビルの1階掲示板に、講習会や交流保育のお知らせを掲示して、情報提供に努めています。

・鶴見区の福祉保健センターの保健師やケースワーカー、横浜市東部地域療育センター、汐田総合病院等との日常的な連携ができています。

・育児相談や情報提供はまだ行っていません。園長や栄養士・看護師等で、専門的な相談を受けることができると考えていますが、日々の業務の兼ね合いからまだ実施には至っていません。今後の課題となっています。

評価領域 Ⅳ 開かれた運営

評価分類 評価の理由(コメント)
Ⅳ-1 保育所の地域開放・地域コミュニティへの働きかけ
ひょう太1 ひょう太2
・「子ども達・保護者・職員みんなで楽しむ夏の納涼会」や「保育講座」の行事のチラシを配布する等して、地域住民の方を招待しています。

・近隣中学校から毎年ボランティア、職業体験を受け入れ、園の運動会では中学校の体育館を利用する等、交流を図っています。又、近隣小学校とは、園設立後初めての卒園生の進学に向け、種々打合せを行う等、小中学校教育との連携を積極的に図っています。

・子どもたちの散歩のコースでもある近隣公園で開かれる町内会行事の「シャボン玉づくり」コーナーに参加したり、また、近隣消防署へ見学に行く等、近隣との関係づくりの取り組みを行っています。

・地域の方から花や野菜を貰ったり、七夕の時には、笹を提供して下さる方の庭に、子ども達が笹を貰いに行っています。又、散歩の時に子どもたちは挨拶したりと、地域の人達と交流を図っています。

・町内会に参加し、現在、近隣公園を職員と子ども達で清掃することを計画していますが、他の地域団体・機関も含め、定期的、計画的に交流を図るまでには至っていません。
Ⅳ-2 サービス内容等に関する情報提供
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・園の情報提供の主な方法は、パンフレット配布、ホームページ、「ヨコハマはぴねぽっと」に表示、チラシ配布、園内に掲示、つるみde子育て(小冊子)に記載する等で、行っています。パンフレットは来園者へ配布する他、参加するイベント等で配っています。

・サービス内容、料金、職員体制等記載された「園のしおり」を、園の玄関に掲示し 来園者誰もが見られるようにする等、必要な情報を提供しています。

・利用希望者や見学者には、曜日を決めて対応していますが、希望によっては曜日の変更に柔軟に対応しています。

・外部の情報提供媒体としては「ヨコハマはぴねすぽっと」並びに「つるみde子育て」に情報を提供しています。
Ⅳー3 ボランティア・実習の受け入れ
ひょう太1
・「ボランティア・職業体験受け入れ」のマニュアルを作成しています。

・昨年・今年と近隣2中学校からボランティア、職業体験を受け入れています。受け入れに当たっては、職員や利用者に基本的な考え方・方針を 説明しています。

・ボランティアや職業体験の意見・感想を聞いています。同内容を職員に回覧し、保育実施に反映するよう努めています。

・開設2年目に付き、実習生受け入れの実績はありません。「実習生受け入れ」マニュアルを整備するまでには至っていません。

・今後、いつでも実習生を受けられるようにマニュアルを整備されることを期待します。

評価領域 Ⅴ 人材育成・援助技術の向上

評価分類 評価の理由(コメント)
Ⅴ-1 職員の人材育成
ひょう太1
・保育所運営に十分な人材構成であるかチェックし、園長が本部事務長と相談して、必要な人材の補充を行なっています。人材育成計画に保育理念・方針をふまえた保育が実施できるよう、研修や観察実習、勉強会等を通して取り組むことが明記されています。職員は毎年4 月に前年度の自己評価を基に、資質向上に向けた新年度の自己目標を立て、達成度を評価しています。

・職員の研修ニーズに配慮して、研修担当者(園長)が研修計画を作成しています。職員は“発達がわかれば子どもが見える”“遊びの中での大人の役割”“発達障害の基礎を学ぶ”など毎月のように園内研修を実施して保育の質の向上を図っています。外部研修は横浜市こども青少年局主催研修、鶴見区保育施設職員研修、鶴見区福祉保健センター主催研修、コダーイ芸術教育研究所主催研修など積極的に参加しています。研修を受けた職員は、報告書を作成し、職員会議等で報告しています。

・業務の標準化や職員が保育等を適切に行うための方法や基準を解説した業務マニュアルが作成されていません。非常勤職員が常勤職員と同様に資質向上に取り組むことが期待されます。
Ⅴ-2 職員の技術の向上
ひょう太1 ひょう太2
・職員たちのモチベーションは高く内部研修、外部研修の積極的に参加して資質向上に努めています。職員は工夫・改善したクラスの事例を学び、意欲的に取り組んだ事例の報告を毎月の会議などで行なっています。

・必要に応じて外部から保育の技術の評価・指導等を受ける仕組みがあります。相談したい子どもの内容をあらかじめ文書で渡して検討してもらい、来園して午前中保育観察を実施し、午後はカンファレンスを行うなど時間をかけて丁寧に評価・指導を受け職員のスキル向上に努めています。

・保育士一人一人が振り返りを文章に出来るよう、自己評価の書式は定型化しています。自己評価は計画で意図した保育のねらいが達成されたか記入して保育士同士で確認しています。保育の自己評価は子どもの成長や意欲を大切にして、結果だけでなく保育の方針でもある取り組む過程の子どもの言動を何よりも重視しています。

・保育士等の自己評価を職員会議等で話し合い、子どもの自立、自主性が育つ保育が実施されているか保育園としての課題を明らかにして、全職員で改善に向けて取り組んでいます。

・保育園としての自己評価を書面にして公表するまでには至っていません。事業報告書にまとめを記入しているので、さらに保育理念、子どもの発達援助、保護者支援などの観点で自己評価に取り組み、保護者や地域への社会的責任として自己評価を公表することが期待されます。
Ⅴ-3 職員のモチベーションの維持
ひょう太1 ひょう太2
・職員にはクラスリーダー、行事の係、保護者対応等権限を委譲し、自信と責任を持たせています。最終責任は園長にあるとして報告、相談するよう伝えています。職員は日常的に職員会議等で、業務改善などの意見を言える関係が作られ
ています。例えば職員から出た意見が掃除の時間帯について変更する話し合いにつながり、時間帯を変更した事例があります。

・職員のモチベーションを高めるよう研修や勉強会は行われていますが、経験・能力や習熟度に応じた役割を期待水準として明文化することはしていません。今後はレベル別の期待水準を作成し、職員の目標を設定することが望まれます。

評価領域 Ⅵ 経営管理

評価分類 評価の理由(コメント)
Ⅵ-1 経営における社会的責任
ひょう太1 ひょう太2
・「全国保育士会倫理綱領」を示して、不正・不適切な行為を行わないよう法・規範・倫理等を職員に周知しています。

・ゴミの減量化、ゴミの分別によるリサイクのための取り組みを行なっています。牛乳パックや裏紙等を有効活用しています。園内には牛乳パックで作ったベンチに布カバーを付けて子どもたちが座るなど、リサイクルの家具があります。

・環境配慮への取り組みは実施されていますが、園としての方針は明文化されていません。今後は、環境配慮への考え方、取り組む目的等を明文化して、環境に対して子どもたちが関心を持つように配慮することが望まれます。
Ⅵ-2 施設長のリーダーシップ・主任の役割等
ひょう太1 ひょう太2
・職員は入職時に理念等の研修を受けています。また、職員会議等でことある毎に説明し、周知しています。年2回の面接時や会議などで園長は、職員と話して理念等を確認しています。職員は指導計画の作成にも理念、方針、目標に立ち返り話し合っています。

・重要な意思決定にあたり、園長は保護者と継続的に意見交換をしています。例えば、開園時、横浜市からの要請で1・2歳児を定員以上受け入れたため、1,2年目は1・2歳児の混合クラスにする際、保護者と意見交換をし、さらに、職員及び保護者に目的・決定理由等を十分説明しています。

・個々の職員の業務状況は保育日誌や日報から把握しています。職員の能力や経験に合わせて保育について助言したり、研修を勧めたりしています。また、個々の職員が良好な状態で仕事に取り組めるように、声かけをしたり気配りしたりしています。

・現在主任が不在でその業務を園長が担っています。主任クラスを計画的に育成するプログラムを作成していくことが望まれます。
Ⅵ-3 効率的な運営
ひょう太1 ひょう太2
・事業運営に影響のある国の施策や県・市の施策等の情報は理事会で収集・分析しています。重要な情報は理事会の実務者会議等で議論し、重点改善課題として設定されています。制度や法律の改正、社会情勢の変化など重要な改善課題と設定された内容は、職員に会議や紙面で伝えています。

・運営に関し、看護専門学校講師、病院医師等様々な外部機関や専門家などの意見を取り入れ、施設運営に反映するよう努めています。

・中長期の事業の方向性を定めた計画を作成するまでには至っていません。