本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 健康福祉局 > 横浜市 よこはま福祉ナビ > 福祉サービス第三者評価 > 鴨居北こども園 第三者評価結果 保育分野(保育) 総括(平成25年度)
鴨居北こども園 第三者評価結果 保育分野(保育)

総括(平成25年度)

基本情報

施設名 鴨居北こども園
所在地 横浜市都筑区池辺町3851
電話番号 045-984-0756
評価年度 平成25年度
評価機関 一般社団法人 アクティブケアアンドサポート
結果公表 2014年03月03日
結果に要した期間 6ヶ月

評価方法

自己評価
(実施期間)
2013年 9月30日~2013年11月22日
 評価機関が提供した手引きを参照しながら、園長が作成し、合議の上、自己評価をまとめた。
評価調査員による評価
(実施期間)
2013年 9月30日~2014年 2月20日
 事前訪問、提出書類、家族アンケート結果並びに訪問調査の結果に基づいて評価調査員が合議し評価結果をまとめ、評価委員会で決定した。
利用者家族アンケート
(実施期間)
2013年10月28日~2013年11月15日
 こども園から家族へアンケート調査票を配付してもらい、記入後評価機関へ直接郵送する方式により回収した(99世帯中68世帯、回収率69%)。
利用者本人確認
(実施期間)
2014年 2月19日~2014年 2月20日
 訪問調査において、評価調査員が分担してこどもの遊びや生活の様子を観察し、必要に応じ職員や子どもに質問した。

総評(評価結果についての講評)

【特に良いと思われる点】

●子どもの発育や保護者の要望、地域の環境などを踏まえ総合的な視点に立って保育課程を編成しています
 開設3年目を迎え、保育園は「子ども達の笑顔あふれる園」という理念の実現に向けて、保育課程の編成に職員全体で取り組み、検討しました。本年度は、自然に親しむ園外活動と地域に向けた活動をテーマにしています。自然に親しむ活動として、ブルーベリー摘みやジャガイモ掘り、散歩や運動で体を動かす、また、地域に向けた活動として、高齢者との交流や他の保育園・幼稚園との交流、地域住民との交流を目指します。保育の実践において、異年齢交流やわらべ歌、小学唱歌を歌うことなどを取り上げています。0歳児は遊びを中心の保育、1・2歳児は低月齢と高月齢の子どもを分けた保育、3歳児も高・低月齢に分けて、子どもに無理のない保育を行い、4歳児は落ち着いて保育に専念できる環境、5歳児は就学に向けた準備をしていくことを職員で話し合って計画を立てるなど、子どもの発育や保護者の要望、地域の環境などを踏まえて総合的な視点に立って練りあげました。

●保護者や職員が要望や意見を出しやすい環境づくりを行い、改善に取り組んでいます
 「保護者をできる限りサポートしていくこと」を方針とし、様々な機会に保護者の要望を汲み取るよう取り組んでいます。行事後のアンケート、毎年2回の個人面談、そのうち1回は園長が行い要望の聞き取りに努めています。また、日々の送迎時に相談や要望を出しやすい雰囲気づくりを心がけています。保護者の要望は、例えば、駐車場の確保や玄関の段差をなくすことなど改善に取り組み実現しました。一方、職員の要望や意見についても個人面談やアンケートで把握し、勤務体制の改善を図っています。職員満足度調査の結果を公表するととともに、改善に向けて取り組み、職員が働き易いモチベーションが上がる職場づくりに努めています。

●コーナー保育を取り入れ、展示を工夫するなど子どもが主体的に集中して遊べる環境を作っています
 広い保育室において低い棚を利用するなど年齢ごとの専用スペースを設けています。それぞれ自分のクラスと認識し、落ち着く場所となっています。折り紙、積木、ブロック、ままごと、絵本、教材など子どもが自由に遊べるコーナーを設定しています。子どもの発達状況や季節など考慮し、おもちゃの入れ替えを行っています。片付ける習慣が身につくよう、元の場所に絵を貼るなど子どもが気づくよう工夫しています。壁に書きものを貼りすぎないようにしたり、作品の展示の仕方を工夫するなど、子どもが集中できるような環境づくりに努めています。

【さらなる改善が望まれる点】

●保育指針や保育課程を踏まえた、総合的な自己評価が望まれます
 職員は、運営会社のスタッフシートを用いて定期的に自己評価を行っています。また、指導計画の評価、見直し、並びに次月のプラン作りについて、全体や昼ミーティングにおいて話し合っています。評価は、理念や方針、保育課程を基本に行っています。保育園全体の自己評価は、現状、年間・月間指導計画の期毎、月毎の評価を行っていますが、今後、保育指針や保育課程を踏まえ、保育内容や実践、環境や安全・健康、家庭との連携、地域の子育て支援、職員の資質向上などを含めた総合的な評価(項目の設定を含む)が必要ではないか、検討が望まれます。

●保育目標・保育方針の理解が広がるようさらなる工夫が期待されます
 保育の基本方針、保育目標は、入園のしおりに記載し、入園説明会で説明しています。今回の利用者調査では、保育目標、保育方針をよく知っている、まあ知っていると答えた保護者は合わせて4割強という結果になっています。園長は、個人面談でも一人一人の保護者に保育園の方針を説明し理解を求めています。運営会社の保護者アンケートと行事後のアンケートなどを通して意見や要望を汲み取り尊重し、また、理解が深まるよう努めています。今後、保育目標・保育方針の理解を広げるようさらなる工夫が期待されます。

●外部からの侵入、子どもの飛び出しなどに備えて、門扉の改善が望まれています
 玄関扉は暗証番号式で、セキュリティを確保するため定期的に変更しています。道路に面した門扉は簡単な留め具で、容易に外して園庭に入ることが可能です。開いた扉から子どもが飛び出す危険もあり、門扉の改善が求められています。不審者の通報体制を事務室に掲示し、対応方法を職員全員に周知しています。不審者や事件に関する情報は、市や区、所轄警察署から入ってくるようになっています。近隣で事件が発生した場合、保護者へ知らせるとともに、玄関に掲示するようにしています。