本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 健康福祉局 > 横浜市 よこはま福祉ナビ > 福祉サービス第三者評価 > ナーサリーつるみ 第三者評価結果 保育分野(保育) 総括(平成29年度)
ナーサリーつるみ 第三者評価結果 保育分野(保育)

総括(平成29年度)

基本情報

施設名 ナーサリーつるみ
所在地 〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-10-6
電話番号 045-716-8490
評価年度 平成29年度
評価機関 ナルク神奈川福祉サービス第三者評価事業部
結果公表 2018年04月28日
結果に要した期間 7ヶ月

評価方法

自己評価
(実施期間)
:平成29年10月2日~平成30年1月7日
全職員が自己評価票に記載したものを、園長、主任が園としての自己評価をとりまとめました。
評価調査員による評価
(実施期間)
:第1日目平成30年2月9日、第2日目平成30年2月16日
評価調査員が2日間園を訪問し、現場観察、書類確認、園長、職員2名に面接ヒアリングし、および子どもの観察を行いました。
利用者家族アンケート
(実施期間)
:平成29年10月27日 ~平成29年11月10日
全園児の保護者に、アンケート用紙と返信用封筒を園から渡して、園に回収箱を備え、無記名・密封の状態で評価機関が回収しました。
利用者本人確認
(実施期間)
:平成30年2月9日、16日
園児の1日の流れに沿っての保育園での生活状況を、観察を中心に行いました。また、園児と遊びや食事をともにしながら、会話の中から聞き取りました。

総評(評価結果についての講評)

【施設の特色】
・立地および施設の概要
ナーサリーつるみ保育園は社会福祉法人翼友会が運営する平成25年4月に開園した5年目の保育園です。定員は0歳児から5歳児まで90名で、現在89名の園児が通園しています。園はJR京浜東北線鶴見駅から徒歩10分位の住宅街に立地し、近隣には鶴見神社を始め大小6か所の公園があり、子どもたちの散歩先となっています。公立保育園の園舎を引き受け、都会の中でも広い園庭を持ちプールも常設され、子どもたちが伸び伸びと遊べる環境が揃っています。

・園の特徴
広い園庭で子どもたちが自由に走り回り、枯れ葉を燃やして焼き芋を作って楽しむことができます。英語教室や他保育園やインターナショナルスクールとの交流があり、子どもたちが様々な体験ができる園を目指しています。

【特に優れていると思われる点】
1.恵まれた環境で子どもたちが伸び伸びと育つ
都会の中にありながら広い園庭やプールがある恵まれた環境にあります。子どもたちは土に触れることができ、トマト、人参、イチゴなどの栽培をし、夏はプールで遊び、秋には枯れ葉で焼き芋を作り、冬は霜柱の観察をするなど四季を感じることができます。職員はこの環境を活かして自然に触れ、命の大切さを体験し、子どもが伸び伸びと育つプログラムの展開をしています。

2.地域のニーズに応じた子育て支援の提供
地域支援の一環として、園見学、一時保育、園庭開放のときに、保護者から相談を受けて、子どもの年齢にあった成長、離乳食などについて、園ではどうしているかを話しています。また保護者の要望により身体測定を行っています。他施設と協力して、鶴見中央地域ケアプラザ周辺にある14保育園と鶴見区社会福祉協議会が「さくらんぼの会」を結成し、当園も出張保育をしています。その中で育児支援イベントとして赤ちゃんコーナー、育児相談18件を行なっています。その他年3回育児講座も実施しています。

3.子どもの園内での生活や事故対応の報告
離乳食、トイレットトレーニング、歯磨き、衣服の着脱、手洗いなど、子どもの園内での生活習慣への取り組みについては保護者に伝えることができています。また、子どものケガについては軽傷でも必ず保護者に伝えています。この項については保護者から高い評価を得ています。

【特に改善や工夫などを期待したい点】

1.保護者との話し合い機会の確保
保護者懇談会は年2回実施していますが、個別面談は保護者からの要望があれば随時受け付けるとしております。保護者アンケートでは保護者との話し合いの機会については不満、どちらかと言えば不満の意見が24%あります。定期的に期日を決めた保護者面談の実施が望まれます。

2.環境面の改善
園舎は市立保育園が使っていたものを引き受け、年数が経っていていたみもあり、クラス内の設備、園庭の遊具の安全対策などの環境面の改善が望まれます。