本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 健康福祉局 > 横浜市 よこはま福祉ナビ > 福祉サービス第三者評価 > 霞台保育園 第三者評価結果 保育分野(保育) 本人調査(平成28年度)
霞台保育園 第三者評価結果 保育分野(保育)

本人調査(平成28年度)

結果の特徴
【0、1歳児】
<食事と着替え>
0、1歳児全員がファミリールームでお食事です。子どもたちが0歳児は2つの机についています。子どもたちは背当てのない椅子にきちんとすわっています。お食事の前のご挨拶をして、お祈りをしてお食事です。子どもたちが全員大きな声で保育士の言葉に合わせてお祈りをしています。
保育士が子どもたちの前にごはんの上にチーマーカレーがのった皿、サラダ、お茶、スプーン、フォークが一人一人の前に配膳されました。
子どもたちは上手にスプーンを使って食べています。3人の子どもに一人の保育士が付き、「美味しいね」「上手ね。そうもぐもぐね」と声をかけています。カレーの中のグリーピースやとうもろこしの粒だけを先に手づかみで食べている子もいます。「何が入っているかな」と保育士が聞くと「コーン」と答えて食べています。
保育士が子どものお皿をみて「ぴかぴかだね。集まれしましょうか?」と声をかけして、ごはんをお皿の真ん中にまとめて保育士が口にスプーンで運んでいました。
カレーをきれいに食べた子から、デザートを食べ、食べ終わった様子を見て、保育士が「お代わりしますか」と聞くと子どもたちはうなずいて、お代わりの皿を自分で給食室のところまで持って行ってお代わりをもらっていました。

<着替えと遊び>
食事が終わると子どもたちはコップをもって流しに行き、うがいをして隣の部屋に行って、着替えを始めます。
部屋の真ん中にブロックやおままごとのプラスチックのパンやソフトクリーム、ピーマン、ハンバーグなどのおもちゃが出されると、子どもたちは2,3個手に取って、ままごとが始まります。部屋の片隅の牛乳パックで作った長椅子の上で2人の子どもがトレーにのせて「ハンバーグは熱いよ」とご馳走を食べています。 井桁ブロックの入ったケースの前では2、3人の子どもが寄ってきて、手に取ってブロックをつなげています。
片隅では一人ずつ着替えています。ズボンに足を入れて自分で上手に着替えている子もいます。「上手にはけたね」と声かけられて嬉しそうにしています。保育士に手伝ってもらって上着を着替える子もいます。

<オムツ替え>
トイレの入り口でオムツを変えています。保育士は子どもを立たせて、紙おむつを脱がせると、子どもはトイレ座っています。上手く排泄できると「良かったね~」と声かけしています。おむつを替えてもらうと、お布団のところにいって横になっています。

【2歳児】
<リトミック>
子どもたちは 二つのグループ分かれてカスタネットとスズを講師の先生から手渡してもらい、ピアノに合わせて、カスタネットを打って、スズをならしています。保育士に抱っこされて参加している子、歩きながらカスタネットやスズをならしている子、保育士に抱っこされている子、座ったままでカスタネットをたたいている子もいます。しばらくするとピアノのリズムに合わせ、座っていた子もみんなで輪になって思い思いにカスタネット、スズをならしながら、はや足になったりゆっくり歩いたり保育室を楽しそうに歩きまわっています。

<食事>
子どもたちはテーブルにつき保育士に「お化けのちかしつたんけん」を読んでもらっています。どの子も夢中になってきいています。夢中になって絵本に近づいている子もいます。その間に 保育士がテーブルに食事を配膳しています。
みんなの食事が配られるとみんなでお食事の歌を歌い、神様に感謝して「いただきます」をしています。
たまごやタケノコ、鶏肉の入ったおかず、ごはん、お味噌汁を食べ始めました。子どもたちはフォークを使って上手に食べています。ときどき手で食べている子もいます。保育士がそばについて「おいしいね。」と声をかけ、子どもの座り方、フォークの持ち方などに気を配っています。

<排泄>
食事の終わった子からトイレの前のコーナーに行って、保育士に紙パンツを脱がせてもらい、そのあとトイレに座っています。 保育士がズボンを履きやすいように床に置くと 自分で足を入れてはいています。

<園庭で>
子どもたちは砂場に高く盛られた山にスコップで穴を掘ったり、崩したりしています。そばでスコップの持ち方を保育士さんがアドバイスしています。はだしの子もいます。そばでフライパンに砂を入れてお料理をしている子、大きなボールに砂を入れてアイスクリーム屋さんになっている子もいます。「チョコレートのアイスだよ。バナナの入ったアイスもあるよ」と調査員に声をかける子もいます。 年長児がボール投げをしたり、縄跳びをしたり、つり輪にぶら下がっています。その間を三輪車に乗って動き回る子もいます。どの子も好きな遊びを見つけて思いきり園庭で遊びまわっています。

【3歳児】

<給食>
子どもが自分のカバンからお箸、歯ブラシを出し、テーブルに並べています。これで良かった?とお箸の向きをお友だちに確認しています。全員が机につくと、保育士と子どもたちが「八百屋さんの買い物ゲーム」を始めました。そのあと保育士に「コケッコさんとトミー」の絵本を読んでもらっている間に、エプロン、三角巾を付けたもう一人の保育士が、一人一人にマーボ豆腐、サラダ、お味噌汁、(家から持ってきた主食が入っている)温めた弁当箱を配っています。子どもたちは「ありがとう」とお礼を言っています。お当番さん2人が前に出て、給食の歌を歌い、お祈りをして「いただきます」をして食事が始まりました。お弁当箱のご飯を上手にお箸で食べています。ごはん、おかず、お味噌汁、サラダと順番に食べています。調査員にも隣に座った子が「三角食べをするんだよ」と教えてくれました。

<リトミック>
子どもたちは「おやゆび姫」「きんのおのぎんのおの」などの絵本を輪になって読んでいます。講師が子どもたちに「恐れ入りますが、本を片づけましょう。先生にお返ししましょう」と声をかけます。「絵本は両手で本は先生の方に向けてお返ししましょう」と講師が伝えると、子どもたちは「ありがとうございました」とお礼を言って、保育士に両手で保育士の方に向けて返していました。そのあと、ピアノに合わせてリズム遊びが始まりました。子どもたちは音の変化、リズムに合わせて2人、3人、4人になって行進していました。

<室内遊び>
食事の後、パジャマになって 早く用意ができた子から、隣の部屋から運ばれてきた人形のお家の入った箱から家を取り出して組立てています。テーブルを並べ、お人形を出してみんなで家具を並べていました。
そばで保育士が「○○ちゃん、お洋服ちゃんとたたんでかたづけましたか」と声をかけると
あわてて、かごから自分の袋を出して、ズボンや服をきれいにたたんで入れなおしていました。


【4~5歳児のリトミック】
<4歳児>
最初にご挨拶のリズム。子どもたちはリズムに従ってお辞儀をしています。その後職員2人と子どもたち全員が輪になって部屋中を飛び回っていましたが、子どもたちの動きは4歳児らしく力強さが感じられました。
やがてリズムに合わせたボール投げ、子どもたちが2人一組になって前で手をつなぎ、何回も「サヨーナラ」のリズムに合わせて交互に体を前後に動かした後、終わりました。
<5歳児>
リトミックが始まる前に、先生から「カードを床に置きましょう」の声に、20cm程度の正方形のカードを全員が床に撒くように置きました。カードには音符の絵が描かれ、同じ絵は2枚一組になっています。五線の上に音符を書いたカード、音符だけ書かれたカードなど種類は20種類くらいはあったと思います。何をするのかと見ていますと、先生がピアノから出す音を聞いて、それの音にあった音符カードを拾うのです。複数組拾った子もいれば、一組だけの子もいましたが、全員で全てのカードを拾い終えました。出された音でその音の音符カード拾う音感能力の成長に感心しました。

【園庭で(2~4歳児の遊び)】
リトミックが終わった子ども、リトミックはまだこれからの子ども達が園庭にあふれるような感じで遊んでいます。
2歳児が砂場で山を作っていましたが、何か思う様にできなかったのか、崩してまた作っています。そこへ同じ2歳児が3人集まってきて、お弁当を作っているのか、プラスチック容器に砂をつめていました。
4歳児が園庭の真ん中で、男の子も女の子も一緒に相撲を取っています。蹲踞(そんきょ)、仕切り、立ち上がって組むなど、本物さながらにやっていました。職員が消えてしまった土俵の線を丸く書き直していました。
3歳児でしょうか、園庭の向こう側の鉄棒と滑り台で遊んでいます。職員が二人、それぞれ離れた位置からそれを見守っていました。

【5歳児】
<食事>
配膳が終わって、一瞬静かになったとき、お当番が食膳のお祈りを始めました。園理念であるキリスト教保育の一形態です。お祈りは神様への感謝の言葉で、はっきりとしていました。お祈りが終わってみんなで「アーメン」と言ってから食事が始まりました。
食べ始めてから、テーブルが一緒の子どもたちが、それぞれ持ってきたお弁当箱の絵の説明をしてくれました。それを見ていた隣のテーブルの子が、食事が終わってから、自分のお弁当箱の絵を見せに来てくれました。
子どもたちは食事中お喋りをしましたが、それによって食事が遅くなる子はいませんでした。職員は全体の様子を見ながら、遅くなりそうな子に、優しく言葉をかけていました。