本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 健康福祉局 > 横浜市 よこはま福祉ナビ > 福祉サービス第三者評価 > 霞台保育園 第三者評価結果 保育分野(保育) 分類別結果(平成28年度)
霞台保育園 第三者評価結果 保育分野(保育)

分類別結果(平成28年度)

評価領域 Ⅰ 利用者本人(子ども本人)の尊重 評価領域 Ⅱ サービスの実施内容 評価領域 Ⅲ 地域支援機能 評価領域 Ⅳ 開かれた運営 評価領域 Ⅴ 人材育成・援助技術の向上 評価領域 Ⅵ 経営管理
ひょう太アイコン3つ:高い水準にある 2つ:一定の水準にある 1つ:改善すべき点がある

評価領域 Ⅰ 利用者本人(子ども本人)の尊重

評価分類 評価の理由(コメント)
Ⅰ-1 保育方針の共通理解と保育課程等の作成
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・理念は「私たちは、一人一人の“らしさ”を大切にし、成長を互いの喜びとします」「私たちは、友との出会いを大切にし、言葉と行動に“こころ”が宿ることをしんじます」、基本方針に「キリスト教の精神を基盤に頑張る心、感謝の心、思いやりの心を育む」の3つの「心を育てる」を掲げ、利用者本人を尊重したものとなっています。
・全職員は就職時に基本理念・基本方針の研修を行い、入社後も「スタッフ必携」の読み合わせにより理解を深めています。
・保育課程は、基本理念・方針に沿って作成され、子どもの最善の利益を第一義としています。
・平成28年度を迎えるに当たり、27年度末に全職員によって保育課程の見直し検討を行いました。
・保育課程に基づき、年齢ごとの年間指導計画・月間指導計画を作成しています。
・子どもとの対話は子どもの発達と個性を考えながら、言語によるコミュニケーションができる子どもには理解できるように話し、子どもの意見も子どもの身になって聞くように努めています。乳児は態度・表情等から意思を汲取るようにしています。
・指導計画は子どもをよく観察し、子どものやりたいこと、したいことを踏まえて作成し、また柔軟に対応しています。
<コメント・提言>
・保育課程の保護者への説明を、保護者全体会のようなときに分かりやすく説明することをご検討ください。
Ⅰ-2 子どもの発達や状況に応じた適切な援助の実施
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・入園前の面接は原則全体説明で、個人面接は希望する保護者、園が必要と考える保護者と行っています。
・子どもの様子は、園での様子、食べ物の好き嫌いなど細部にわたって観察し、保護者から聞いた家庭での様子なども含めて職員間で話し合って共有しています。
・子どもの生育歴等は保護者からの提出書類により、家庭での状況は日々の連絡帳と送迎時の保護者との対話によって把握しています。
・慣らし保育は保護者への説明の後、子どもの状態や保護者の就労状況などによって、柔軟に対応しています。
・子どもの心理的拠り所とする物(タオル・ガーゼ等)の持ち込みは認めていますが、できるだけ早く園のオモチャ等に移行できるように配慮しています。
・作成した指導計画に基づいて園児の心身の発達・成長状況を観察し、月末には評価反省を行って、次月の指導計画を作成しています。
・指導計画の評価・反省・改訂に当たっては、複数の職員間で意見交換をして行っています。
・日々送迎時等で保護者と話し合っているので、その折に保育に関する意向が話された場合は、必要に応じて指導計画に反映させています。
<コメント・提言>
・入園前後にはすべての保護者と個別面接を行い、全園児の生育歴・家庭状況や健康状態を詳しく聞き取って、入園後の保育に万全を期す準備体制を作ることの検討を期待します。
Ⅰ-3 快適な施設環境の確保
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・清掃マニュアルに基づいて清掃が行われ、園舎内外は清潔に保たれています。
・保育室内の通風・換気については、頻繁なドアの開け閉めで対応し、気になる臭いはなく、温湿度管理は全室に温室度計を備えて管理しています。
・各保育室とも、室内に陽光を遮るような家具・什器は置かず、窓からの採光を確保しています。
・園舎内は、職員等の声も静かで、BGMを流すこともありますが、騒音等は発生していません。
・温水シャワー設備もあり、泥んこ遊びの後などに使用しています。使用の後必ず清掃し清潔に保たれています。
・保育室内はじゅうたん、畳での仕切りで、みたて遊びをはじめ、随時小集団で遊ぶことができるように工夫しています。
・各クラスは同じ部屋を、遊ぶ、食べる、寝る、場所として使用していますが、食事の後は掃除をして寝るスペースを確保しています。
・異年齢交流は、全園児を15人を一家族グループとして4グループ(帽子にグループ名のコアラ、マンモス、ウサギ、リスの絵布を貼っています)に分け、活動は、散歩、オヤツを食べる、クッキング、運動会などを一緒にやっています。現園舎内には、異年齢で触れ合える空間はありません。
<コメント・提言>
・屋内に異年齢児が触れ合うことができる空間を設けることの検討が望まれます。
Ⅰー4 一人一人の子どもに個別に対応する努力
ひょう太1 ひょう太2
・3歳児未満の全園児について、毎月個別指導計画を作成しています。
・特別な課題のある幼児については、月々の観察記録を記載してそれを基に保育をしていますが、個別指導計画は作成していません。
・個別指導計画は月齢に応じて園児を観察し、保育援助内容を分けています。その中でも成長・発達を観察する中で、必要に応じて週案などで柔軟に見直しています。その重要な部分は、保護者に送迎時等の面談で説明し同意を得るようにしています。
・園児の家庭状況は園制定の用紙に記載され、食物アレルギー児についての必要事項も記載されています。
・入園後の子どもの成長・発達記録(児童票・身体測定・健康診断等)は整備されています。
・それら記録は各保育室に保管し、職員は必要に応じて閲覧することができます。
・重要な申し送りは職員同士が適宜行っており、手順を定めたマニュアルが制定されておらず、記録もありません。
<コメント・提言>
・幼児についても特別な配慮を必要とする子どもについては、配慮の継続的観点から、毎月個別指導計画を作成することが望まれます。
・進級時の職員間の申し送りの際の、確認事項や様式を定めた「申し送りマニュアル」を策定し、記録を保管することが望まれます。
Ⅰー5 保育上、特に配慮を要する子どもへの取り組み
ひょう太1
・配慮を要する子どもを積極的に受け入れ、個別ケースについて、関係常勤保育士が本園・分園合同スタッフ会議で話し合い、記録に残しています。欠席者または保育中必要になった職員は、いつでも閲覧できます。また、担当者が外部研修等で学んだ最新知識も、全スタッフに伝えて保育に活かしています。
・園舎は昭和24年建築で古く、バリアフリー環境ではありません。
・保育面では保護者の同意の下で、横浜市西部地域療育センターから助言や情報が得られる体制にあります。
・障がい児について、観察記録に基づき保育をしていますが、障がい特性に基づく個別指導計画は作成していません。園内では統合保育という観点から、遊びも生活も職員の見守りの中で一緒に過ごすように配慮しています。
・虐待の定義は、まだ、全職員には周知されていません。万一虐待が明白になった場合は、直ちに主任・園長に報告し、主任から児童相談所等関係機関に報告する体制はできています。虐待予防については、日常的に園児の着替えなどの時に予兆の発見に努め、万一予兆と判断された場合は主任・園長に報告し、ケースにより児童相談所に報告します。
・食物アレルギーのある子どもは、保護者申告に基づき医師の診断を受け、年2回は保護者と管理栄養士、調理担当者が面談し、除去食対応をしています。全職員には必要知識と情報が周知され、誤食防止に対応しています。
<コメント・提言>
・園舎内をバリアフリー化することについて、身体に障がいを負った子どもの入園対応としてご検討ください。
・障がい児の個別指導計画の作成と、障がい児保育の研修等を、関係スタッフのみでなく全職員を対象に実施することが望まれます。
・虐待の定義について全職員に周知されることが望まれます。
Ⅰー6 苦情解決体制
ひょう太1 ひょう太2
・意見・要望・相談受付窓口は主任・副園長とし、最終責任者が理事長であることを保育のしおりに記載し、保護者に知らせています。
・第三者委員は2名選定されており、一人については氏名・連絡先が「保育のしおり」に記載され、園舎内にも掲示しています。
・保護者からの苦情・要望は、面談時・「意見箱」の設置・行事の際のアンケートの実施などで、吸収に努めています。自分で意見を表明するのが困難と思われる保護者には、積極的に声掛けするよう努めています。
・保護者に対しては、第三者委員を交えて苦情に対応する仕組みはできていますが、園外の権利擁護機関の情報を保護者に紹介していません。
・園のみで解決困難な事態が発生した場合、外部の権利擁護機関や相談機関との連携体制ができていません。
・職員が保護者から苦情要望を受けたときは、直ちに主任等に報告して、園の対応を当該保護者に伝えるように努めています。
・過去のクレームは2件のみで、記録は理事長のパソコンに保存されています。
<コメント・提言>
・第三者委員2名を行事の時に全保護者に紹介するなど、第三者委員の活用方法をご検討ください。
・保護者に園外の権利擁護機関(横浜市福祉調整委員会や保土ヶ谷区こども家庭支援課など)を紹介し、園はそれら機関と相談事項の連携体制を作ることが望まれます。
・保護者からの苦情要望は些細なことでも、再発を防止することが必要な事項はすべて記録にとどめ、全職員に周知するとともに、再発防止資料として保管・活用することが望まれます。

評価領域 Ⅱ サービスの実施内容

評価分類 評価の理由(コメント)
Ⅱー1 保育内容[遊び]
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・2歳児クラスは畳を敷き子どもの要求で職員が積み木やブロック、紐通し、絵本を提供しています。3歳児クラスからはミニカーやブロック、パズル、スマホ、絵本、粘土などが手の届く棚に置かれ自分で取り出して遊べるようになっていますが、場所の関係もあり、各クラスには置かれているおもちゃの種類が少なく、他のクラスから借りて遊んでいます。
・外遊びを基本とし、3歳児から天候の悪い時などは部屋や廊下にコーナーを作り、子どもたちは粘土やブロック、パズル、ミニカー、塗り絵をしたり、お医者さんごっこをして遊んでいます。絵本、おもちゃは子どもの興味や発達に応じて入れ替えを行っています、子どもたちは好きな部屋で遊べるようになっています。
・登園から9時半まで、おやつの後から降園まで、またクラス活動のないときは好きなことをして遊びこむ時間となっています。
・5時になったら、3歳児からボール当てゲームをしてあたった子どもから部屋に入るというルールを決めています。また、すべり台やつり輪の使用などで、みんなで遊ぶ楽しさとともに、友だちに譲ることや順番などのルールを守ることを教え、社会性を身に着けています。
・職員は子どもたちが遊んでいるとき、子どもの様子から跳び箱を用意したり、つり輪の下に台を設置するなど、興味を持って遊べるようにしています。
・毎月の誕生会で合奏やコングショー(特技を披露)や劇で子どもたちは自由に表現し、リトミックではピアノの音に合わせ踊ったり、歩いたりしています。
・幼児クラスでは子どものロッカーにクレヨンや自由画帳、粘土を用意し、自由に絵を書いたりできるようになっていますが、折り紙や、包装紙、廃材などは常に使えるようにはなっていません。
・乳児のかみつきやひっかきが起こりそうなときは、ケガがないように職員が早めに間に入って、子どもの気持ちを代弁し仲立ちをして気持ちが落ち着くようにしています。幼児はケガのないように、できるだけ自分たちで解決できるように見守り、必要に応じて仲立ちをして、納得できるように援助しています。
・朝、夕の自由時間やクラス活動以外の時間は異年齢で過ごし、散歩や行事を縦割りグループ「なかよしかぞく」で活動しています。
・職員は常に優しく穏やかに丁寧な言葉使いを心がけて子どもに接しています。子どもたちも職員を先生でなく○○ちゃんと呼んでいます。
・基本的に園庭で遊び、気候の良い時には週に1回は散歩に出かけ、紫外線対策としては園庭に遮光ネットを張っています。
・発達段階に応じて逆上がりや縄跳び、つり輪、相撲を行い、運動能力が高められるような遊びの環境を作り、体調がすぐれないときには子どもは室内や廊下で職員と静かに遊んでいます。
<コメント・提言>
・スペースの問題もありますが、いろいろな素材を用意して子どもたちが自由に表現活動ができるような環境設定が望まれます。
Ⅱー1 保育内容[生活]
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・保育士は子どもの好き嫌いを認め、前もって苦手な食品は先に減らし、一口でも食べられるように声掛けし、苦手な食べ物にチャレンジできるようにしています。食べられたときは褒めたり一緒に喜んで次の機会につなげています。
・職員は子どもたちにメニューを伝え、一緒に食事をして会話を楽しみ、年齢に応じて姿勢やマナーを教えています。
・自分たちで育てた野菜を調理して食べ、2歳児からクッキングを年3,4回行って カレーやクッキーを作り食事に関心を持つようにしています。
・管理栄養士を中心に季節の食材を取り入れた献立を作成し、盛り付けに工夫しています。
・食事の前に職員が食材について話し、誕生会の日はお赤飯やエビフライ、おひな様にはちらしずしなどを食べ、異年齢で食べるなど、雰囲気作りに配慮しています。
・食器は強化磁器を使用し、タイミングで取り換え、2歳児はフォーク、3歳児から箸を使うなど年齢に応じた食器を使っています。
・栄養士は給食室から4歳児の子どもの食事の様子が見られるようになっています。残食状況は下膳時に職員が口頭で伝え、給食室で記録して、献立作りの参考にし、調理の工夫につなげています。
・アレルギー児用の献立表は対象児の保護者や職員が意識できるように色を付けて伝えています。給食だよりにレシピを載せ、献立作成のポイントを書いて保護者が保育所で提供する食事に関心を持てるようにしています。
・試食会は保育参観を兼ねて6月から希望の日に行っていますが、参加希望者は少ない状態です。誕生会では子どもと同じ食事を提供し、試食してもらっています。
・午睡時はカーテンを閉めて暗くして、1時間ほどしたら少しずつ明るくしていき起きられるようにしています。
・年長児は運動会前の9月から午睡の時間を徐々に減らして、4月の就学に備えていますが、クラスの状況や子どもの体調などによっては、横になって体を休めています。
Ⅱー2 健康管理・衛生管理・安全管理[健康管理]
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・健康管理に関するマニュアルはありませんが、児童票、予防接種確認票で一人一人の健康状態を確認できるようになっています。
・既往症については入園時、保護者に児童票に書いてもらい、年2回の健康診断時に園医に確認してもらい、職員も周知しています。
・保育中に、発熱や体調が悪くなったときには、必要に応じて保護者に速やかに伝え、子どもの状況によってお迎えをお願いしています。
・歯磨きは0歳から行っています。
・年2回の健康診断と年1回歯科健診を実施し、結果は3歳までは連絡ノートと口頭、幼児は口頭で保護者に伝えています。健診結果に基づいて園医と連携を取り、問題がある場合は保護者に園医のアドバイスを伝えています。
・感染症対応マニュアルがあり、入園のしおりに登園許可証の必要な感染症を明記し、保護者に知らせています。保育中に感染症が疑われる症状が出た場合には保護者に連絡して、迎えに来るまで保育室に隔離して休ませています。他児は移動させ、消毒、換気等を行い、感染の拡大を防ぐようにしています。
・感染症が発症したら、園庭前の廊下のホワイトボードに掲示するとともに、メール連絡網で発信し、すべての保護者、職員に情報を提供しています。
<コメント・提言>
・健康管理に関するマニュアルを作成し、子どもの健康状態を適切に管理することが望まれます。
Ⅱー2 健康管理・衛生管理・安全管理[衛生管理]
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・今年度、感染症マニュアルを作成し、職員会議で職員に伝え周知しています。嘔吐処理の研修を実施しました。
・清掃マニュアルに沿って掃除を行い、清潔に保たれていますが、清掃チェク表はありません。
<コメント・提言>
・清掃チェック表を作成し、漏れがないようにチェクされることが望まれます。
Ⅱー2 健康管理・衛生管理・安全管理[安全管理]
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・危機管理マニュアル、事故防止マニュアル(事故発生時対応マニュアル)があり、事故や災害に適切に対応できるようになっています。
・地震対策として、棚はネジ止めや突っ張り棒で固定し、ロッカーなどには耐震マットやすべり止めシートを使用し、転倒防止策を講じています。
・事務室に緊急連絡網を掲示し、毎月「避難経路を確認する」「不審者が来たと想定した対応」などテーマを決めて避難訓練を行っています。一時避難場所桜台小学校に散歩で行っています。
・職員はAED(自動体外式除細動器)の研修と、消防署の心臓マッサージの研修を受けています。
・事故やケガの発生時の対応体制として「緊急時連絡先」を事務室に掲示し、保護者にはメールで配信できるようになっています。
・子どものけがやかみつきは保護者に状況を報告し、ケガの状況を事故報告書に記載するとともに保育日誌に記録し、職員会議で報告のうえ共有して再発防止を図っています。
・不審者侵入を想定した防犯訓練を定期的に行っています。本園の出入り口はカンヌキを、分園は電子錠を設置し、警備保障会社と契約して緊急通報体制を整えています。不審者情報は保土ヶ谷区役所や警察等からメールが配信され、兄弟が小学校に通っている保護者からも情報を得ています。
Ⅱ-3 人権の尊重
ひょう太1 ひょう太2
・スタッフ必携に子どもに対する言葉は「正しい日本語」「丁寧な言葉」を使いましょうとして、職員は丁寧な言葉使いで声掛けを行っています。
・職員は子どもの気持ちや発言には丁寧に耳を傾け、子どもたちが遊びを楽しめるように支援しています。
・職員会議で子ども一人一人を大切にすること、自尊心を傷つけるような保育を行わないことを話し合っています。
・構造上の問題で園舎内にプライバシーを守れる空間がなく、子どもに威圧感を与えず1対1で話し合える場所はありません。
・個人情報取り扱いについてのガイドラインがあり、職員は周知しており、また、保護者にも説明し了解を得ています。
・個人情報の入った書類等は各クラスに置かれ、施錠できる場所に保管できていません。個人情報の記載は園内で処理することになっています。
・活動時の並び方や出席簿は生年月日順にするなど、性別による区別は行っていませんが、男の子は男らしく、女の子は優しくあることも大切に保育をしていることもあり、職員同士で反省する機会を持ってはいません。
<コメント・提言>
・保育室の一角に工夫して友だちや保育士の視線を気にせず過ごせる場所、一対一で話し合える場所を設定することが望まれます。
・個人情報の入った書類はキャビネットに施錠し保管することが必要です。
・無意識に性差による保育が行われていないかを職員会議などで話し合う機会を持つことを期待します。
Ⅱ-4 保護者との交流・連携
ひょう太1 ひょう太2
・園の保育方針は入園のしおりやパンフレット、園だより、懇談会の資料にを明記し、入園説明会や年2回父母の会総会で説明しています。
・運動会やクリスマス会の後にアンケートを取っていますが、保育方針が理解されているかのアンケートは実施していません。今回の第三者評価のアンケートで保育方針が理解されているかを確認する機会となっています。
・その日の様子は全クラス、ホワイトボードを活用し、クラスのその日の活動を知らせています。
・個別面談は希望者のみに随時行っています。
・クラス懇談会は4月、7月、2月に行い、その時期の様子などを伝えています。欠席者には議事録を渡し口頭でも伝えています。
・保護者からの相談にはプライバシーに配慮し、保育室を仕切るなどして相談を受け、相談は必要に応じて職員会議録に記録していますが、相談記録としては残されていません。
・保護者のほとんどが就労していることを考えて積極的に保育参観は勧めていませんが、保育参観を兼ねた誕生会にはできるだけ参加をお願いし、多くの参加を得ています。
・毎月「園だより」「クラスだより」「給食たより」を発行して、保育園の様子を伝えています。
・保護者会があり、保護者会の行事、親子遠足やお楽しみ会、プレイランドなどには積極的に職員も参加し、毎月行う父母の会役員会には副園長、主任が参加しています。
<コメント・提言>
・保育方針が保護者に理解されているかをアンケート等で確認されることが望まれます。
・個別面談を日程を希望に合わせて全保護者に実施することが求められます。
・相談内容は記録して、職員間で共有し、継続的にフォローできるように取り組まれることを期待します。

評価領域 Ⅲ 地域支援機能

評価分類 評価の理由(コメント)
Ⅲ-1 地域のニーズに応じた子育て支援サービスの提供
ひょう太1 ひょう太2
・地元住民との交流も少なく、園見学者から育児相談がある場合は応じていますが、地域の子育て支援ニーズの把握までには至っていません。
・幼保小連絡会や横浜市の保育士会、保土ヶ谷区の保育士会などに主任が参加して、地域の子育てニーズの把握に努めています。
・園内で地域の子育て支援ニーズについて定期的に話し合う機会は持てていません。
・園庭開放を実施していますが、地域住民に向けて子育てや保育に関する講習会・研修会開催されていません。
<コメント・提言>
・地域との関わりを密にして、地域の子育て支援ニーズを把握することが望まれます。
・地域の子育て支援ニーズについて職員間で話し合う機会を持ち、地域住民に向けて育児講座の開催など、園の専門性を活かした子育て支援サービスの提供が期待されます。講習会などの開催が期待されます。
Ⅲー2 保育所の専門性を活かした相談機能
ひょう太1
・地域住民への情報提供や育児相談は園の立地や施設の構造上難しく、できていません。
・医療機関や保土ヶ谷区福祉保健センター、保土ヶ谷区こども家庭支援課、横浜市西部地域療育センター、警察署、消防署等などのリストを掲示し、関係機関との連携担当者は副園長、主任が担っています。
・保土ヶ谷区福祉保健センター、横浜市西部地域療育センターなどと、必要に応じて相談しアドバイスを受けるなど連携をとっています。
<コメント・提言>
地域住民への育児相談を、施設の構造上の問題で難しいと思いますが、実施するよう工夫することが望まれます。

評価領域 Ⅳ 開かれた運営

評価分類 評価の理由(コメント)
Ⅳ-1 保育所の地域開放・地域コミュニティへの働きかけ
ひょう太1 ひょう太2
・桜ヶ丘小で行った保育園の運動会に、自治会長を招待しました。しかし、町内会に加入しておらず、町内会や地域の団体との保育に関する交流はありません。
・学校等との関係では、桜台小学校2年生が遊びを考えて年長児を学校に招いたり、園に来て遊んでくれたりしています。中学生の職業体験として、岩崎中学・橘中学・岩井中学などから生徒を受け入れました。
・近隣居住者として、町内会の餅つき大会やバーベキューに施設を貸し出しています。
・芋掘りの後園庭で焼いた焼き芋やクッキングで作ったクッキーを持参し、近隣に焼き芋の煙等でご迷惑をおかけしていることへのお詫びの挨拶に出向いています。
・5歳児が、地域の防災センターに行き、見学しています。
・園児が散歩の時、行き交う近隣の方々と元気よく挨拶をして、短い会話もしています。
・年に1回開催される「学園通りコンサート」に小学校(器楽クラブ)・中学(ブラスバンド)・高校(吹奏楽)の中に園(ソーラン節)も参加しています。また、年長児が年数回、地域の高齢者施設よつば苑、富士見苑に行って、お年寄りと交流をしています。
・園内に地域の行事・催し物のポスターを貼り、休日に親子で参加できるように配慮しています。
<コメント・提言>
・町内会等に加入の上、地域の団体や機関と定期的・計画的に交流することが期待されます。
Ⅳ-2 サービス内容等に関する情報提供
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・園独自のホームページで、園の活動状況、保育状況を、地域や関係機関に情報を提供し、子育て支援情報サービスかながわにも情報を提供しています。
・横浜市に納入する保育料以外の保育園必要費用について、「保育のしおり」に他の保育所のサービス内容と共に掲載して、情報を提供しています。
・園の基本方針や利用条件等の問い合わせには、主任を中心として常時対応できるようにしています。利用希望の問い合わせには、園見学を奨め、見学は見学者の希望日時を尊重しながら日時を調整し、希望によっては保育の現場に入ってもらい、リトミックに参加してもらうなど、子どもたちの保育の姿も見てもらうように配慮しています。
Ⅳー3 ボランティア・実習の受け入れ
ひょう太1
・ボランティアおよび実習生受入れマニュアルはありません。
・保土ヶ谷区社会福祉協議会を通しての中学生・高校生の短期間の体験ボランティアを受け入れています。受け入れ時には、職員や利用者に、園の方針や考え方を説明しています。ボランティア受入れ担当は園長です。
・実習生受入れに当たり、オリエンテーションは園長が行い利用者に必要事項を話し、職員にも受入れの基本的考え方を周知しています。受け入れ担当者は受入れクラスの担当者が行い、実習生と実習プログラムに基づき十分な打ち合わせを行っています。実習生の実習目的に沿って、実習プログラムを作成しています。実習終了後、実習生と意見交換の機会をもっています。受け入れ時の記録は確認できますが、活動記録は学校に送ってしまい控えは取っていません。
<コメント・提言>
・ボランティア受け入れマニュアルを作成し、園での受け入れ態勢を整備したうえで、ボランティアの受け入れを行っていくことが望まれます。
・実習生受け入れマニュアルを作成し、園での受け入れ態勢を完備することを期待します。また、実習生の活動記録を園で保管することを検討願います。

評価領域 Ⅴ 人材育成・援助技術の向上

評価分類 評価の理由(コメント)
Ⅴ-1 職員の人材育成
ひょう太1 ひょう太2
・職員の退職希望の時点から必要人材の採用に着手しています。
・職員個々の研修計画はなく、人材育成計画は策定されてません。職員の資質向上に向けた目標は、園制定の「スタッフ必携」の振り返りを行って各自の目標を定めていますが、達成度等の評価は行われていません。
・園外研修では、横浜市こども青少年局主催の研修に参加しています。参加者は研修参加報告書を提出していますが、研修報告会の実施など研修成果を職場で活かすための工夫をしていません。また、研修の成果を評価して研修内容の見直しができていません。
・内部研修は4月と9月に全員参加で行っています。4月には金沢八景保育園石井園長を講師に招き、「新保育指針を理解する」をテーマに内部研修を行いました。
・非常勤職員にも,業務マニュアル「霞台保育園スタッフ必携」を配布し、資質向上のため、全職員で「スタッフ必携」の読み合わせを行っています。仕事上では常勤職員と非常勤職員を組み合わせを考慮しています。非常勤職員の指導担当は主任が行い、非常勤職員も全て対等に接し、コミュニケーションを図っています。
<コメント・提言>
・職員が外部研修受講の後、その研修成果を職場で活かすための工夫と、受講した研修を評価して見直すことなどの実行を期待します。
・職員の経験年数・能力別に身に着けるべき事項を一表にし、それを基に個々職員の人材育成計画を作成して、毎年その達成状況を把握する仕組み等を作成することが望まれます。
Ⅴ-2 職員の技術の向上
ひょう太1
・職員は制定されている「スタッフ必携」を読み直して自身の振り返りを行っていますが、第三者評価受審時以外に、職員の自己評価や保育所の自己評価を計画的に行う仕組みは持っていません。
・他園で工夫・改善したサービス事例を基に、サービス向上を目指した会議や勉強会は行われていません。
・横浜市西部地域療育センターから、巡回来訪時その他必要に応じて、障がい児保育の個別の指導を受ける仕組みがあります。
・月間指導計画・週案に基づき、職員は計画終了の都度、振り返りに基づき自己評価を記載しています。自己評価は、その月の計画と狙いとの関連で行っています。また、 子どもの観察に基づき、子どもの育ちや遊びへの自主的積極性なども重視しています。そのうえ、毎月の自己評価の結果を、翌月計画に反映させています。
・職員の自己評価を実施しておらず、それを踏まえた保育所としての自己評価が行われていません。
<コメント・提言>
・職員の自己評価と保育所の自己評価を毎年計画的に実行し、その上で保育所の課題を明らかにして、自己評価結果を公表することが望まれます。
Ⅴ-3 職員のモチベーションの維持
ひょう太1 ひょう太2
・全職員の経験・能力に応じた役割や期待水準は作成されていません。
・各クラス担当職員には、現場でのことは可能な限り権限を委譲し、イレギュラーケース発生の場合で咄嗟に園長・主任に指示を仰げない場合は、職員の判断で処理し、事後、園長・主任に報告する体制になっています。
・職員に対して、特に業務改善の意見を募ったり、アンケートを実施していませんが、諸会議や打ち合せなどで、仕事の改善に関する意見を聞いています。
・職員との個別面接の中で、職員の満足度や要望を把握して個別に対応しています。
<コメント・提言>
・職員の資質向上・研修計画策定等の為、職員個々の経験・能力や習熟度に応じた役割が期待水準として明文化されることを期待します。

評価領域 Ⅵ 経営管理

評価分類 評価の理由(コメント)
Ⅵ-1 経営における社会的責任
ひょう太1 ひょう太2
・組織及び職員が守るべき法・規範・倫理等は就業規則等に明文化され、全職員に周知しています。
・経営状況は、ホームページに社会福祉法人の財務諸表を公開しています
・他施設で発生した事件や問題などは、クラス内やスタッフ会議で自園の問題として話し合い、未然防止策を検討しています。
・コピー使用用紙は裏紙を使い、牛乳パックの再利用で子どもの玩具を作っています。ゴミはリサイクルのための分別を行っています。省エネルギー目的で蛍光灯110本をLEDに変更、大幅に電気料金を引き下げています。その他軒先によしずを使用して室内温度を下げています。園の環境への考え方や取組についてを明文化していません。
<コメント・提言>
・園で行っている省エネ等の環境への考え方を明文化して、保護者や地域に公表することが望まれます。
Ⅵ-2 施設長のリーダーシップ・主任の役割等
ひょう太1 ひょう太2 ひょう太3
・本園事務室に基本理念・基本方針を明文化して掲示し、職員会議等で「スタッフ必携」を基に、基本理念・方針を、全職員で確認しています。職員の理念・基本方針の理解度を、主任(理事長)は日常の仕事上の会話や質問への回答から確認しています。
・重要なことは、年間3回行っている懇談会や、父母の会役員会に副園長・主任が出席して十分に説明して理解を得るようにしています。運動会の競技種目を決める際、父母の会に相談して意見交換をしています。
・スーパーバイズのできる主任クラスの計画的養成育成プログラムはありません。ただし、リーダー的職員とは次代を見据えた職員配置の相談を行っています。主任は必要に応じて各クラスに入り、職員の業務状況を見て、園運営に支障がないことを確認しています。また、個々の職員の能力や経歴を把握していて、各保育クラス運営に必要な助言・指導をし、各職員の健康面や精神的状態、身体的状態等を把握して、園のスムースな運営が行われるよう配慮しています。
<コメント・提言>
・園職員研修計画の中で、スーパーバイズのできる職員の育成プログラムの作成が望まれます。
Ⅵ-3 効率的な運営
ひょう太1 ひょう太2
・事業経営に影響のある情報は、理事長が横浜私立保育園連盟の青年部長の要職に在り、全国規模の情報の吸収ができ、それを分析検討しています。
・今は特に重要な改善課題はありませんが、今回受審中の第三者評価結果に基づき、指摘事項の改善を図るべく、全体研修会を開催して園全体で取り組む予定です。
・中長期計画は作成していません。
・次代の園運営に備え、サービス体制の新たな仕組みの一つとして、送迎バスの運行を検討しています。
・次代の施設運営に備えた幹部職員の計画的育成は行っていません。
・園運営に関し、同業他園の園長からいろいろな意見・アドバイスを得ています。
<コメント・提言>
・外部環境の変化に対応した重要な情報・運営面での重要課題は主要な職員間で協議し、職員に周知徹底して園全体の取組みとして対応することが望まれます。
・園の中長期的計画の作成の検討を期待します。
・次代の施設運営に備え、後継者を育成することが望まれます。