本文へジャンプ - トップメニュー|検索


横浜カレンダーは、横浜市や市内の施設にて開催される
イベント情報検索システムです。

金属活字と明治の横浜

サブタイトル 小宮山博史コレクションを中心に
あらまし 漢字の金属活字は、19世紀ヨーロッパでの東洋学の発展と中国へのキリスト教布教を両輪として生まれ、明治2年に長崎に伝えられました。それまでの木版印刷に比べ、活版印刷ははるかに多くの情報を短時間でかつ広範囲に伝えることが可能になり、日本の近代化を支えていきます。
長崎に伝わった活版印刷術と金属活字は、明治3年の末には早くも横浜に伝わり、活字による印刷物が作られています。明治後半になると、人口の増加と印刷需要の拡大、印刷機材の改良とあいまって、さまざまな印刷物が刊行され、活版印刷は広く一般に浸透していきました。
本展示は活字書体史研究家の小宮山博史氏のコレクションを中心に、日本の近代化の原動力となった金属活字について、その誕生から日本への伝播、そして横浜における普及の歴史を明らかにします。
日程 2018年4月27日(金) から 2018年7月16日(月) まで
開催時刻 09時30分 から 17時00分 まで
日程詳細 月曜日(ただし4月30日、7月16日は開館)、5月1日休館
場所/窓口 横浜開港資料館
沿線 関内駅周辺(山下町・伊勢佐木町方面を含む)
主催 横浜開港資料館
費用負担 一般200円、小中学生100円(土曜日、小中高校生は無料です)
応募・選考方法 当日参加自由
一時託児 ありません
聴覚障害支援 ありません
問合せ・申込み先 横浜開港資料館
問合せ・申込み先電話 045-201-2100

イベントを再検索する
※検索結果一覧に戻る場合は、ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。

ページの先頭へ戻る